2019年01月22日

大塚国際美術館ツアー11(7つのヒマワリとゴヤの家)

 大塚国際美術館ツアー11(7つのヒマワリとゴヤの家)

 続きです。

カナレットの突堤です。


DSC04154_R













同じくカナレットのカナルです。

両方ともヴェネツィアですね。


DSC04155_R















DSC04153_R















DSC04156_R













こちらはバンニーニのナヴォーナ広場です。

DSC04157_R













ヴェルネのトゥールロン港です。


DSC04158_R














こちらは、ライトの
空気ポンプの実験です。


DSC04160_R



















DSC04159_R













こちらガイドさんが説明しているので
ちょっと寄ってみました。

DSC04161_R













ターナーの雨、蒸気、速力です。
ロンドンのナショナル・ギャラリーで
2番目に大きい絵だとのことです。

DSC04166_R















DSC04167_R













こちらはフラゴナールの
ぶらんこです。


DSC04163_R














DSC04162_R













こちらも同じくフラゴナールの勉強とのことです。
モデルの女性はだれかはっきりしていないそうです。


DSC04165_R














DSC04164_R













ようやく7つのヒマワリに来ました。


DSC04168_R














DSC04169_R














ゴッホの説明です。
御存じかと思いますが、
生前は全く絵は売れなかったそうです。
なくなってから弟テオの奥さんの活動で
ここまで有名になったそうです。


DSC04170_R















DSC04171_R













ゴーギャンがヒマワリを描いている
ゴッホを描いた作品です。

DSC04173_R














DSC04172_R













ゴッホの
タラスコンへの道を行く画家です。


DSC04175_R















DSC04174_R














ゴッホのヒマワリですが、
ヒマワリも描いている時期が
いろいろあるようです。


DSC04177_R














DSC04176_R














描いている時期が違う
7つのヒマワリがそろっています。


DSC04179_R















DSC04178_R














ある意味 これだけ揃うのは
世界で探してもここだけでしょうね。


DSC04181_R














DSC04180_R













本物ではないとは言え
すごいですね。


DSC04183_R














DSC04182_R















DSC04185_R














DSC04184_R














DSC04187_R














DSC04186_R













こちらで最後です。


DSC04189_R















DSC04188_R













ここから近代系統の展示になります。


DSC04190_R















DSC04191_R















ゴヤの裸のマハです。


DSC04193_R
















DSC04192_R













こちらは同じくゴヤの
着衣のマハです。


DSC04195_R













ここからゴヤの家ということで
ゴヤの作品ばかりですが、
ちょっとグロテスクな作品が続きます。


DSC04196_R















DSC04197_R














なんとも言えないですね。

DSC04198_R















DSC04199_R















DSC04200_R














部屋自体も少し暗かったです。


DSC04201_R
















DSC04202_R
















DSC04203_R














もう少し大塚国際美術館続きます。








aat64260 at 00:30|PermalinkComments(0)旅行記 | 徳島

2019年01月21日

東京・埼玉旅行記6(川越一番街商店街3&八州亭)

11月24日(土)川越一番街商店街3&八州亭

  
 川越一番街商店街続きです。


DSC04786_R













こちらは普通のうどんやさんなのですが、


DSC04787_R













店の前のこの鳥のモチーフが
印象的でつい撮影してしまいました。


DSC04789_R














動かない鳥 ハシビロコウとのことです。


DSC04790_R













こちらが無料休憩所になっていましたので、
少し歩き疲れましたので、
ちょっと休みました。


DSC04792_R













こちらのゆるキャラのようですね。


DSC04791_R













休んだ後、また散策しました。
こちらは前回撮影し忘れた
重要文化財 大澤家住宅です。


DSC04793_R















DSC04794_R














で、現在はお店になっています。


DSC04795_R













こちら、稲荷小路です。
ちょっと行ってみました。


DSC04796_R













こちらの銅像が印象的なので
つい撮影してしまいました。


DSC04797_R














DSC04798_R













もう少し先にしあわせ稲荷があるようです。
さっきのではないようです。


DSC04799_R













こちらのようです。


DSC04800_R














DSC04801_R














こちらがしあわせ稲荷のようです。



DSC04802_R













こちらでしあわせになるのかな。


DSC04803_R













後は、ちょこっとまわった感じでした。


DSC04805_R















DSC04806_R













こちらの銅像よくわかりませんでした。

DSC04807_R














川越見学 約2時間の自由散策は
ここまでです。




その後、バスで移動しました。

八州亭というところに寄りました。


こちらのお店でランチ利用となりました。
他のツアーもあり、店はツアーで貸切状態でした。
 


DSC04808_R














DSC04809_R














DSC04810_R














こちらのお店は蔵の中みたいで、雰囲気がいいですね。


DSC04811_R













今回はツアーで用意されたメニューです。
どちらかというと質素な組み合わせです。
 正直、少な目なので、
別注文でビールや日本酒を頼んでいる方も
多かったです。
 後、うどんもついていましたが、だしがすぐに出てこなくて
最後食べ終わるくらいに出てきたので、もう少し早く出てくれる方が
よかったです。 

DSC04812_R















DSC04813_R














川越もここまでです。
はとバスツアーは次の名所に向かいました。









aat64260 at 06:26|PermalinkComments(5)旅行記 | 埼玉

2019年01月20日

大塚国際美術館ツアー10(ミレー・モネ・マネの作品)

 大塚国際美術館ツアー10(ミレー・モネ・マネの作品)


 続きです。


DSC04107_R














ルノワールの
ムーラン・ド・ラ・ギャレットのとのこと。



DSC04106_R














こちらは有名なミレーの
落ち穂拾いですね。


DSC04109_R















DSC04108_R













同じくミレーの
羊飼いの少女と



DSC04111_R













同じくミレーの
晩鐘です。



DSC04112_R














DSC04110_R













ミレーは有名だけに
ガイドさんが説明されてました。


DSC04113_R













7つのヒマワリのエリアが先にあるのですが、
先に別のところを見ました。


DSC04114_R














こちらは、マネの
笛を吹く少年ですね。



DSC04116_R















DSC04115_R
















DSC04117_R















同じくマネの
フォリー=ベルジェールのバーです。



DSC04119_R

















DSC04118_R















同じくマネの

バルコニーです。


DSC04121_R















DSC04120_R














こちらはルノワールの
アルジェリア風の衣装を着たフルーリ嬢です。



DSC04123_R














DSC04122_R
















DSC04124_R














DSC04125_R














こちらはモネのカササギです。

DSC04126_R















DSC04127_R













こちらもモネの
ゴディベール婦人の肖像画です。


DSC04128_R













DSC04129_R













同じくモネの睡蓮です。



DSC04130_R













こちらは ドガ・エドガーの
ダンス教室です。

DSC04131_R















DSC04132_R













DSC04133_R













こちらは、ファンタン・ラトゥールの
パティニョールのアトリエです。


DSC04134_R














コロ・カミーユの
真珠の女です。

DSC04136_R













こちらも同じく
コロ・カミーユの
ローマのサンタンジェロ城とテヴェレ川です。


DSC04137_R

















DSC04135_R














こちらも有名な
ドラクロワの
民衆を導く自由の女神です。


DSC04139_R














DSC04138_R














同じく
ドラクロワの
サルダナパロスの死です。


DSC04141_R















DSC04140_R
















こんな感じ大きな絵がたくさんありました。



DSC04142_R














チャーチの
コトパクシです。



DSC04144_R













こちらは、
コール・トマスの
人生航路とのこと。


DSC04145_R















DSC04143_R













アングルの泉です。

DSC04147_R














DSC04146_R













こちらもアングルの
グランド・オダリスクです。


DSC04149_R













DSC04148_R














グァルディのサン・マルコ広場です。



DSC04151_R















DSC04150_R














カナレットの
列柱廊のあるカプリッチョです。



DSC04152_R

















まだまだ続きます。





aat64260 at 00:30|PermalinkComments(2)旅行記 | 徳島