2016年08月26日

久々の台北旅行記23(花博公園1)

 3月20日(日) 花博公園1

 向かったのは、花博公園というところです。
2010台北国際花博覧会の会場だったところのようです。

DSC03648_R




 








今は、市民の憩いの場になっているようです。
今回来たのは、夜に松山空港に
発着する飛行機が近くで見れるということで
よった次第です。
花博公園自体はMRTの駅近くでした。
ただ、飛行機の発着が見れるのはここではありません。
少し歩かないといけません。


DSC03649_R













DSC03650_R















DSC03651_R














何かイベントがあったようですね。

DSC03652_R













台湾らしいですね。こういったのをよく見ます。

DSC03653_R













DSC03654_R













DSC03655_R













このあたりは明るくてまだ人もいてよかったのですが。

DSC03656_R













どこも派手ですね。

DSC03657_R













DSC03658_R













DSC03659_R














DSC03660_R













この橋を渡ります。

DSC03661_R













橋の上からです。
ネオンがすごいですね。

DSC03662_R














DSC03663_R













ここからです。

DSC03664_R















DSC03665_R













まだこちらではありません。
花博公園自体は1つでなく
数がいくつかあります。

DSC03666_R













DSC03667_R













明るいのですが、夜は人がほとんどいません。


DSC03668_R














DSC03669_R













この道を抜けます。


DSC03670_R













ここからが非常に怖かったです。
誰もいないのです。


DSC03671_R













微妙に暗くて怖いのです。
女性の方には勧められないですね。


DSC03672_R













このあたりは少し明るいのですが、
本当人いませんでした。

DSC03673_R













DSC03674_R













ようやく犬を連れて散歩している
地元の人にあいました。

DSC03675_R












散歩のワンコです。

DSC03676_R













今回の目的の新生公園です。

DSC03677_R













この横断歩道を渡ったところです。

DSC03678_R













次は、新生公園です。










 

aat64260 at 00:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0)台北 | 旅行記

2016年08月25日

立山黒部アルペンルート14(立山ルート1)

 5月4日(水) 立山ルート1


 雪の大谷 バスからの眺めです。

DSC04728_R















DSC04729_R













すごいですね。

DSC04730_R













DSC04731_R













DSC04732_R













しばらくは雪景色です。

DSC04733_R














DSC04734_R














DSC04735_R














DSC04736_R













雪景色って
はじめはいいのですが、
正直 だんだん飽きてきます(笑)。


DSC04737_R













DSC04738_R













DSC04739_R













DSC04740_R













DSC04741_R














DSC04742_R














DSC04743_R













このあたりまでは、まじめに撮影していたのですが、
ついうとうとしてしまいました。

DSC04744_R













気が付けば、雪がほとんどなくなってました。
切れ目がわかりませんでした(笑)。

DSC04745_R













結構カーブはきつかったです。

DSC04746_R













DSC04747_R













DSC04748_R













このあたりは雪は少しだけですね。

DSC04749_R














DSC04750_R













さっきまでの景色とまるで違いますね。

DSC04751_R














DSC04752_R













DSC04754_R













1時間ほどバスに乗ってました。
こちらでいったん降りることになります。

DSC04755_R













こちらは美女平駅になります。
ここでは20分ほど自由時間になります。

DSC04756_R













結構こちらで試食がありました。
試食ばかりで一切買いませんでしたが(笑)。

DSC04757_R













ここも結構な人です。

DSC04758_R













上が展望台になっているようです。

DSC04759_R













展望台です。

DSC04760_R













さきほどは全く違う景色ですね。

DSC04761_R














DSC04762_R













5月ですが、こちらは雪はまったくありませんね。

DSC04763_R













DSC04764_R













DSC04765_R














DSC04766_R













先の雪の大谷もモチーフです。

DSC04767_R













DSC04768_R













美女杉伝説というのがあるようです。

DSC04769_R













お地蔵さんもいました。

DSC04770_R













DSC04771_R













また試食してしまいました(笑)。


DSC04772_R













いろんなお土産ありますね。

DSC04773_R













集合時間です。
こちらからケーブルカーで移動になります。

DSC04774_R














立山黒部アルペンルートも次で最後です。









aat64260 at 00:00|PermalinkComments(4)TrackBack(0)富山 | 旅行記

2016年08月24日

久々の台北旅行記22(鼎泰豊 101店 )

   3月20日(日) 鼎泰豊 101店 

 
 台湾といえば、小籠包で有名な鼎泰豊を
思い浮かべます。
 本店は以前ツアーで行ったのですが、
すごい人気でゆっくり
食べることができませんでした。
 今回は支店で比較的行列が少ない、
こちら101店に来ました。

DSC03600_R















DSC03601_R













日曜の夕方でしたので、混むと思い、
17時すぎに来たのですが、
待ちは25分ほどとのこと。
 
DSC03602_R














DSC03603_R















先に番号札をもらい、その間101内の
お店を見てまわりました。

DSC03604_R













こちらメニューで日本語もあります。
先に記入しておきました。

DSC03605_R













101内のお店です。
ギャレットポップコーンもありました。

DSC03606_R













どこも結構な人ですね。

DSC03607_R













ベルギーワッフルのお店のようです。

DSC03608_R













ハーゲンダッツです。

DSC03609_R













たも屋?
日本のお店でしょうか?

DSC03610_R













こちらはお寿司やさんです。

DSC03611_R













フジオフードのまいどおおきに食堂がありました。

DSC03612_R













旭川ラーメンの
梅光軒もありました。

DSC03613_R













印度皇宮

カレー店のようです。

DSC03614_R













本当いろんなお店ありますね。

DSC03615_R














DSC03616_R













ロンドンやパリでも食べた
PAULもありました。


DSC03617_R













DSC03618_R













DSC03619_R














DSC03620_R













とにかくいろんなお店がありました。

DSC03621_R













DSC03622_R













今回は利用しませんでしたが、
海外行くと 日本より利用するマクドナルドです。

DSC03623_R













モスバーガーもありました。

DSC03624_R













シンガポールのチキンライス店もありました。

DSC03625_R














そろそろ時間かなと
思い少し早めに店に戻ると 
1人だったためか、思いのほか早くて、10分ほどで
呼ばれました。
 先に注文票をもらっていましたが、
すべて日本語ですので
注文は楽でした。
 店員も日本語OKでした。

 

DSC03626_R













今回1番食べたかったのは、今は日本で食べることができますが、
以前は、台湾でしか食べることができない
トリュフの小籠包です。
値段が5個で400元という高さですが、
今回はこちらをまず、
注文し、後は、前菜でキャベツの漬物を頼んだのですが、
なんと売り切れで、竹の子煮込みに変更し、
後は野菜不足でしたので、
ほうれん草炒めとえびと豚肉入りの焼き餃子とえびと豚肉チャーハンの玄米版と
ピリ辛ゆでワンタンとデザートにごままんとあん入り小籠包を注文しました。
個数多いのもミニサイズに変えてくれるところは、サービスが行き届いてますね。

DSC03627_R













DSC03628_R














DSC03629_R













竹の子煮込みです。こちらは、ふつうでした。

DSC03630_R













ピリ辛ゆでワンタンです。
まあまあでした。

DSC03631_R













こちらは注文したオーダー表です。

DSC03633_R














DSC03634_R














DSC03635_R













ほうれん草炒めもふつうでした。

DSC03636_R













今回1番おいしかったのは、やはりトリュフの小籠包です。


DSC03637_R













 
こんなにトリュフと小籠包があうのですね。
正直、びっくりです。
小籠包自体、本店で食べたときは
そこそこおいしかったのですが、
そこまで感動はなかったのですが、
こちらは値段高いだけあってさすがですね。



DSC03638_R













豚肉入りの焼き餃子です。
どうも関西人なので、
餃子の王将に口が慣れてしまってます(笑)。

DSC03639_R













えびと豚肉チャーハンの玄米版です。
まあふつうでした。

DSC03640_R













DSC03642_R














デザートのごままんとあん入り小籠包です。
こちらはなかなかおいしかったです。


DSC03643_R













やはりこちらのお店は、小籠包のお店だと再認識しました。
 

DSC03644_R













日本にも支店はありますが、ここまではおいしくないですね。
値段は全部で5000円くらいかかりましたが、味は満足でした。
 


DSC03645_R













店を出たとき、待ち時間は70分になってましたので、
早めに来て正解でした。

DSC03646_R













DSC03647_R













やはり鼎泰豊 の小龍包はおいしいですね。
最後に鼎泰豊  にしたのは正解でした。
ただ、少し時間が早かったので、
そのままホテルに戻らず ネットで
急きょ 調べたところへ向かいました。









 



aat64260 at 00:30|PermalinkComments(6)TrackBack(0)台北 | 旅行記