2009年12月04日

南ドイツ旅行記3(午前 ハイデルベルク1)

8月26日(日)(午前 ハイデルベルク1)

 さて、翌日、朝食は朝7時からでした。バイキング
方式でしたが、私が1番のり。昨日受付の女性の
方が用意されてました。食事はドイツらしくパンと
ソーセージとハムが主体でしたが、このときはまず
まずと食べていたのですが、これが何度も続くと...

 で、さっさと食事をすまし、7:30にはスーツ
ケースはホテルに置いたまま旧市街地へ徒歩で観光に
出かけました。

 まず、真ん前のテオドール・ホイス橋を渡り、
posamu4156204

 







ネッカー川沿いにカールテオドール橋目指して歩きま
した。実は途中で哲学者の道というのが山沿いにあり
後者の橋からではかなりきつい坂を上らないといけな
いので前者の橋付近から登ろうと思ったのですが入り
口がわかりません。しようがないので旧市街とは対岸
上の川沿いにずっといきましたが、建物はさすがに
ドイツって感じなんですが川の景色はなんとなく地元
の瀬○川に似てました。
posamu4156208

 

 

 

 

さて、10分ほど歩くとカールテオドール橋とハイ
デルベルク城が見えてきました。ただ城の方は霧がが
ってよく見えませんでした。橋も日曜の朝でしたので
誰もいませんでした。
posamu4156213









posamu4156214









橋からマルクト広場→市庁舎と
posamu4156215









posamu4156218









行くもほとんど人がいませんでした。ですけど、建物
をゆっくり見るのにはラッキーでした。

 いよいよ、目指すハイデルベルク城に登るには徒歩
でもいけるのですが、ケーブルカーでも登れます。ま
あここは無難にケーブルカーで登ろうと思ったのです
が、残念ながら運転は9時からでした。

 しようがないので階段を10分ほどかけて昇ること
にしました。

posamu4156220










さあ昇るぞと思ったところ、いきなりドイツ人の地元
の老女から「~OPEN」としか聞こえなかったので
すが、声をかけられました。どうやらリュックサック
のチャックが開いていたようです。親切に声をかけて
いただきました。本当、どこでもドイツ人は親切でし
た。

 さて、年も忘れて気合い入れて、いっきに登った
のですが、この旅行の前半は服は半袖で行動は可能で
したが、超暑い日本と違い結構涼しかったのですが、
(実際旅行前半の最高温度は22~3度くらいでした)
結構、汗をかきくたくたとなってしまいました。これ
が後でローデンブルクで響くのですが....

 さて、ハイデルベルク城内自体は8時から開いて
ましたのでチケットを買って問題なく入れました。
posamu4156223










posamu4156231

 

 

 

 

正直外壁は昔のままで残すドイツですのでイメージ
としては、結構廃墟っぽい感じがしました。
(実際外壁一部修復中でした。)ここまであったの
は西洋人少数にしかあわず、静かでいいなあと思って
いたのですが、甘かった。朝8時代というのに城
の中には日本人の観光ツアーの方が10数人おられ
ました。下記写真のこいつらです(笑)

posamu4156229

 

 

 

 

多分バスで移動されて来たようでした。幸い地元
の関西人系の方ではなかったので若干救いか。

 それにしても日本人に全く会わなかったのは
ニュルンベルクだけで、本当どこ行っても夏休み
でもあり、老若男女の日本人にあってばかりでし
た。

 まあ、いい風に考えて、この場合の利点はツアー
ガイドさんがおられるので説明をただで「ふむふむ」
と聞けたのはラッキーでした。どうやらこの後すぐ
にバスでローデンブルクへ向かうようでした。
それにしても朝8時からこの城見学とは強行日程だ
なと個人的には思いましたが、まあそれはともかく、
ここは城内部よりもネッカー川沿いの旧市街を見る
景色が本当絶景でした。
posamu4156226









後で記述しますが、ヴュルツブルクのマリエン
ブルク要塞から見るマイン川沿いの市内も同じくら
い絶景でした。本当ここ2つに関しては写真では
すばらしさの1/10も表わしてないですね。
ここは1度現地へ行って見てください。
デジカメの映像ですが雰囲気だけ味わってくだ
さい。


vision.chobirich.com/viewvideo.jspx
 その後、城の内部もざっと見て

posamu4156227









内部も少し映像があります。
vision.chobirich.com/viewvideo.jspx

今度は先ほどの階
段とは別の石畳の坂をてくてくおりていき旧市街へ
の観光へと向いました。

posamu4156228









ここから先は次回にて!!

※ 2007年8月当時の記事です。



aat64260 at 18:47|PermalinkComments(0)ドイツ | 旅行記

南ドイツ旅行記2(マンハイム→ハイデルベルク)

8月25日(土)(マンハイム→ハイデルベルク)

 実はマンハイム20:24着乗換20:29発  
がネックでした。この間時刻表どおりなら5分ある
ので余裕だと思っていたのですが、どうもそれまで
の各駅が少し遅れぎみのようです。たしかネットの
書込でドイツ鉄道はたまに遅れるので乗換は余裕を
見た方がいいですよ。と見た記憶はあったのですが
あんまり考慮というかDBのHP上で検索したとお
りしか見てませんでした。

 結局マンハイム到着が20:27 到着ホームが
4番 発着が9番ホームというのはHPからに印刷
でわかっていたので急いでスーツケース持ちながら
階段登り下りどうにか9番ホームの20:29発に
滑り込めました。多分女性ならちと無理だった
かも。スーツケースも大きい駅ならエレベーターや
階段に簡易ベルトコンベアーみたいなものがついて
いるんですが田舎駅は階段のみ鉄道で旅することを
考えている方はそのあたりも考慮した方がいいです。 

 さて、ドイツの駅名少しややこしいのは 中央駅
はHbfという表示がつきますが、近辺もその駅名
が付いてややこしいのです。到着のハイデルベルク
なら中央駅はHeidelberg Hbf ですが前後の駅で
Heidlberg pfaffengrund/Wieblingen  や
 Heidelberg-Kirchheim/Rohrbachと 
後ろにいろいろつきますので時間だけ見てぼうっと
していて先ほどみたいに少し遅れると Heidlberg
 の表示だけ見て降りてしまう可能性があります。
終着駅ならいいんですが途中の乗換ならなおさら
注意です。

 まあくだくだ言いましたがハイデルベルク中央駅
には無事に時間どおり到着。さて、ここから宿まで
どういくかです。宿はビスマルク広場の近くという
のはわかってました。幸いトラム(下記路面電車
昼に撮影した写真ですが)
posamu4155856









21:05 発 Bismarck-platz 行という
電光案内板が見えましたのでそれを待つことに。
ただ問題はここでも切符の買い方です。

さすがにトラムの切符の買い方はどこにも載って
ませんでした。ただ地球の歩き方に旧市街までの
バス・市電の料金は2ユーロと記載あり。ただ
2005年の発刊ですのであてにはなりません。
ふと悩んでいると旅行者風の西洋人が購入して
いました。値段は2.1ユーロでしたが、まあ
購入の仕方をじっくり見て覚えました。あって
いるかわかりませんが、そのままトラムに乗車
8分ほどで広場に到着しました。改札なかった
のであっているか不明です。

 さて、夜21:00も越えると ドイツは
土曜日の夜は店を早くしめます。また日曜日は
法律で店は原則休みですので観光地や駅の売店
以外はほとんど休みなんです。せっかく広場に
はKaufhofという主要都市にいくとどこでもある
デパートですがこれももう当然しまっており
明日も休みです。もうそれに結構疲れてました
のでそのまま歩いて5分テオドール・ホイス橋
近くの旅ウェブで予約したネッカーホテル(こ
れも次に日の撮影したものですが)

posamu4155861









という今回の宿に直接いきました。
(下記くらいで適当な地図がないのでわかり
にくいとは思いますが)

clipmap.jp/tiny/


宿につき早速予約確認書を出してさあと思った
瞬間宿の受付の女性の方からOh.○~○
(名字)といわれてすぐに住所等書いてチェック
インできました。ですのでほとんど会話なしでし
た。さすがに東洋人(日本人)は私だけだった
のでしょうかね。実はこれから泊るホテルほとん
ど予約確認書も見せずにすぐ私だとわかるところ
が多かったですね。 

 本当に疲れてましたのでシャワーあびて
電子機器の充電(電圧変換器とプラグは必須)
をしてそのままバタンと寝てしまいました。
(部屋は朝に撮影しましたがこんな感じです)
posamu4155850









ですので、実際のハイデルベルク観光記は次回に!!

※ 2007年8月当時の記事です。



aat64260 at 18:34|PermalinkComments(0)ドイツ | 旅行記

2009年12月03日

南ドイツ旅行記1(フランクフルト空港)

 8月25日(土)(フランクフルト空港)

 10時間以上のフライト内、私は事前予約で3席の所
の通路側をとっていたのですが、思わぬハプニングがあり
ました。たまたま間が1席あき窓側に西洋人系の女性が1
人でした。これはスペースがあきラッキーと思っていたの
ですが、しばらくするとその女性が私に英語で話しかけて
きて、どうも旦那が別の席にいるのでここにつれてきて座
らせて欲しいというのです。本当はスペースがうまるので
いやだったのですが、英語で言われると逆に断れなくな
ってしまいました。
 
 そして、すぐに旦那さんが来ましたが、どうも私を窓側
に行って欲しいという指示。特に断る理由もなくそのまま
移動してしまいました。トイレ行くとき気をつかうので通
路側にしていたのですが... 後で、CAからなぜ席を
替わったのかとかいらん説明をしなければなりませんでし
た。まあいいんですが。

 さて、出発から2時間後に機内食、到着前の約2時間前
にも機内食でした。その間は少し仮眠したり、映画スパイ
ダーマン3を見たりでした。

 ようやく、18時ほぼ定刻どおり到着。空港内の流れも
お客の流れのままにそのままついていきました。入国審査
もパスポート見せるだけで全く質問もなしに「あれまあ」
というくらいあっさり通過。これはうまいこといくと19
時発ルフトハンザのバスに乗れるかと期待しましたが。

 荷物場にすぐ着くも荷物がやはりすぐ出てきませんでし
た。JAL手ぶら便大丈夫かいなと心配しましたが、よう
やく私のRIMOWAのスーツケース(去年8月7日にP-ONE
カードで今はなき月1度の最後の7日10倍キャンペーン
で100円10マイルで買ったやつです。余計か)
が出てきましたが、このとき18:42くらいでした。

 こちらも他国と違いびっくりするくらい誰もチェック
する人がいない状態で出られましたが、なんとかルフト
ハンザ19:00発のバスに乗りたいと思い急ぎまし
たが、第1と第2ターミナル間モノレールもすぐに来ない
し、乗っても5分かかります。また、モノレールは4Fで
バスは1Fと最悪な条件でバス乗り場についたところもう
出発した後でした。 

 しようがないので電車のホームに向かうもこのフランク
フルト空港駅が少しややこしいのです。特急系の空港長距
離列車駅とフランクフルト中央駅まで行く空港ローカル駅
とはホームがかなり離れていることです。日本でいえば、
新幹線の駅と普通列車の駅の関係なんですがこれまた結構
離れてます。

 今回のハイデルベルクまでは空港長距離列車駅を使用
しなければならないのは事前に調べてましたが、ようやく
到着。ここも当初予定していた時間(次の列車では1時間
後)に近づいていましたので、急いで自動販売機で切符を
買おうとするも、なぜかうまくいきません。

 実はこの買い方もネットで細かく写真いりのものを印刷
して来たのに肝心のクレジットカードナンバーがおかしい
と表示されているようです。となりのドイツ人らしき方に
英語で大丈夫か買えるのかと聞かれる始末...

 これまた、しようがないのでここはあきらめて(なぜこ
こで買えなかったのかはローデンブルクに行ったとき聞い
てわかったのですがその話はローデンブルク編で)、窓口
で買うことに。

 事前のネット談では窓口は混んでいて買いにくいという
話でしたが、それはどうやら空港内のDBの話で、ここ
長距離列車駅では誰もいませんでした。ただ時間が結構
せまっていましたので英語で話そうかどうか迷いました
が、もしもの場合に調べていた電子辞書で「ハイデルベ
ルクまでの2等切符を1枚ください。」というドイツ語
の例文を見せ、DBHP上から印刷した時刻表を見せた
所すんなり購入。こちらがあせっていたのがわかった
のか、ご丁寧に英語でマンハイムで1回乗換えですよと
説明していただきました。さて、ここまでかなりあせっ
てましたのでほとんど写真をとってませんでした。

 ドイツの電車で驚いたのは改札が全くないんです
ね。(ネットや観光本で知ってはいたのですが)
これは日本と違い性善説に基づいているんでしょうね。
1枚だけ駅の中をとったのでUPしときます。
(あせって写真が斜め向いてますし)
posamu4155306









さて、19:54駅発→マンハイム20:24着
乗換20:29発→20:44ローデンブルク着の
予定で乗りました。これまたハプニングが....

 では、この続きは次回に!!

※ 2007年8月当時の記事です。



aat64260 at 23:13|PermalinkComments(0)ドイツ | 旅行記