2010年03月14日

韓国(ソウル)旅行記23 (昌徳宮8)

5月5日(月) 昌徳宮8


 さて、金馬門を抜けて、

posamu4299152
不老門へと来ました。

ここは知る人は知るお約束の案内があります。
「実はこの門はちょっと特別な門なんです。
王の長寿を願って建てられたもので、
そのため石の繋ぎ目がないので1枚の石から
作られたものです。
 ですので、今でもこの門をくぐった人は、
長生きするといわれています。
これでみなさんも長生きしますよと。」
 まあ名前のとおりべたな案内でした

posamu4299153
その不老門をくぐり抜けると、ここでは
なぜか紅葉がありました。

 ここは愛蓮池というところで、
韓国でも非常に紅葉で有名な所でして、
TVで紹介された翌日のツアーは今日の人数
どころでなく2~300人ほどの人数になる
そうです
なぜここだけ色づいていたのか聞き忘れ
ましたが、紅葉の時期にもここへ来たいですね。
posamu4299154
posamu4299156
こちらは愛蓮亭になります。
posamu4299155
posamu4299157
posamu4299158
ここまででほぼ建物の紹介は終わり。
ここから一気に10数分のウオーキングになります。
posamu4299159
次回で昌徳宮長かったですが、最後です。

※ 2008年5月当時の記事です。


aat64260 at 00:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)韓国 | 旅行記

ANA eLIOカード

ANAカードマイラーにとっては最悪のお知らせです
ANAカードで唯一EDYチャージでポイントが
つき、リポ払いで2倍ポイントがつく
ANA eLIOカードが
昨日6月30日で新規受付終了です

このあたりはそろそろと予想されましたが、
現在の加入者も1年後の2009年6月30日で
終了(カード利用も終了)

ポイントリワードのマイレージ移行サービスは、
2009年3月31日申請分をもって終了のようです。
私はこのあたりのことがいつとはわかりませんでしたが、
そろそろと思ってましたので、あえて入会しません
でしたが、ちょっと突然すぎますね

陸マイラーバブルは音をたててくずれていく感じ
ですね

後、詳しくは下記にて。

詳細


韓国(ソウル)旅行記22 (昌徳宮7)

5月5日(月) 昌徳宮7

 さて、こちらは芙蓉亭です。
昔は、科挙試験に合格したら、宙合桜へあがって
数万巻の本を読み、能力を伸ばせる機会を
与えられるといわれ、それをお祝いしていた
ところだそうです。

posamu4299132
ちなみにこちらの池は芙蓉池といいます。
天は丸く地は四角いという、東洋の伝統的な
宇宙観で造られた池だそうです。

posamu4299133
こちらがその宙合楼です。
国の将来を担う人材を育てるために学問を
研究し、本を出版していた2階建ての楼閣だそう
です。下の階は宮中図書館の役割を果たし、
上の階は読書や議論、瞑想と思索の場としても
利用されていたそうです。

posamu4299134
こちらは瑛花堂です。
本来、王が家臣と一緒に花見をしたり、詩を
詠んだりと風流を楽しむところでしたが、
第22代王、正祖(チョンジョ)の時代からは
科挙の試験場として使用されたそうです。

posamu4299135
さて、歩きっぱなしでしたのでひとまず、休憩
になりました。

posamu4299136
posamu4299137
ちょうど、ここには休憩を狙ったかなのような
おみやげさんがあります。

posamu4299138
こちらも瑛花堂です。
posamu4299139
こちらは木々を支えているんでしょうね。
つい撮影してしまいました。

posamu4299140
まだ、昌徳宮の観光続きます。

※ 2008年5月当時の記事です。


aat64260 at 00:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)韓国 | 旅行記