2009年12月08日

南ドイツ旅行記11(夕方 フュッセン)

8月27日(月) 夕方 フュッセン

駅は比較的地味なんですが、

posamu4160066
あのグリーンベルトの田舎地帯からいきなり派手
な町並みに出くわしました。

posamu4160056
いままで比較的色合いはおとなしい町ばかりでし
たのでそう感じてしまいました。とりあえず、
ネットで確認しているとはいえ、明日のノイシュ
ヴァンシュタイン城へのバスの時刻表をチェッ
ク。まずは、宿へむかいます。普通の日本人の方
はルイトポルトパルクやゾンネやヒルッシュ


posamu4160241
などの駅前のホテルに泊るようですが。(実際
日本人の出入り多かったです)私は少し離れた
ツム・ヘヒテンという一族が経営している中級
の宿へ。ここだけ一番値段が安かったbookingで
予約しました。一度取り消して再度日を変えて
とったのでうまくいったかなと心配でした。

 さて、駅前のルイトポルトパルクの交差点を曲
がったとき、


posamu4160057
  ドイツ人の子供数人に”コンニチハ”と声かけら
れました。こちらもこんにちはと答えたところ
 くすくす と笑われさっと逃げられました。
まあ日本人の子供が外国人にハローという感覚な
んでしょうね。

 宿の方はもっと離れているのかなと思ってまし
たが、思ったより近くて歩いて5分ほどでつきま
した。一瞬入り口わかりませんでしたが、あっここ
だと思って入った瞬間


posamu4160076
posamu4160079
  例のごとく O h, ○~○ (名字)と すぐに
日本人で私とわかったようですね。やはりここ
も日本人で宿泊するのは私くらいですか。ここは、
表がレストラン経営で宿泊は裏の別建物でした。
まあ値段の割にはベランダもありましたのでせまい
ですが、まずまずでした。中はこんな感じです。

posamu4160058
ローデンブルクのゲストハウスは男1人旅には上
等すぎました。あれは例外でしょう。

 さて、一休み後、町の観光と食事に行こうとフ
ロントの女性にsightseeingと行って出ようとした
ところ親切にこの町の観光地図と英語で説明して
くれました。でも、実際は、日本語で書いてある
地球の歩き方のMAP見てました(爆)

 まずは、腹ごしらえに町のメインの歩行者天国
のライフェン通りで食事場所を探すも

posamu4160062
posamu4160243
いろいろありすぎて悩みましたが、魚料理のセルフ
レストラン・ノルトーゼにしました。このセルフレ
ストラン結構どこの都市でもありますが、やはり魚
料理は南ドイツは少ないのでどこも結構人気でした。
すしも売ってました。でも、なぜかここは人数が少
なかったので入りました。ドイツでなんですが、
べたなビールとシーフードパスタを食べました。
お味はまあまあでした。

posamu4160059
では、観光の方にとりあえず、いろいろ
まわりました。


posamu4160240
posamu4160242
町の端のレヒ川沿いにいきました。川のグリーン
さが印象に残りました

posamu4160060
posamu4160063
posamu4160064
次に市博物館はしまってましたので時計塔とホー
エス城へいきました。ここの特徴は騙し絵です。
とにかく窓ばかりです。


posamu4160065
posamu4160070
posamu4160068
posamu4160069
posamu4160074
後は宿戻りまして、明日の朝も早いのでさっさと
眠りにつきました。べたですが、次はいよいよ
ホーエンシュヴァンガウ城とノイシュヴァンシュ
タイン城めぐりです。
※ 2007年8月当時の記事です。



aat64260 at 22:02|PermalinkComments(0)ドイツ | 旅行記

南ドイツ旅行記10(午後ローデンブルク→フュッセン)

8月27日(月)午後ローデンブルク→フュッセン

  ゲストハウスに戻り一休憩。昨日すぐ寝たこともあり、
部屋をあまり見てなかったのですが、よく見るとテー
ブルに「思ひ出」(多分そんな名だっとと思います)
というここで泊られた方の感想が書いてある日記が
ありました。当然私もかなり悪筆ですが書きました。
書いた内容忘れました。多分ここの良さとドイツ
人の旦那さんに会えなかったことたっだでしょうか。
ここで私の前に多分定年後ご夫婦でヨーロッパで2ヶ
月ほどまわっておられる方が宿泊をゆずってくれたん
だなというのがわかりました。(実際ここで2~3
泊はされてますが、1泊短縮されて他に行かれたのか
な)その他にゆうかさんの日本のお友達やblogに載っ
ていた方など結構ありました。みなさんどれもこの
ローデンブルクの良さを書かれていました。もしこの
blog見ている方で興味もたれて英久子さんのゲスト
ハウス泊ろうと思った方は読んでください私もマイ
ルはあれどもいつになるかわかりませんが、またここ
に来たいという思いです。実際、英久子さんにこの後
もう2日ほどあいてるので1泊泊っていったらと言わ
れてましたが、予約を埋めてしまったので、ここは後
ろ髪引かれる気持ちですが、この町を後にすることと
しました。一応13:09発の列車に乗ろうと思って
ましたので12:00くらいに英久子さんのワイン
ショップに寄ってご挨拶をしたところ迎えにいけなか
ったおわびにミネラルウォーターのペットボトルを
ただでいただきました。

 またてくてくと駅まで今度はスーツケースを引き
ながらゆっくり店をみながらむかいました。途中
でかい犬が店の前にいて入れなかったところです。
ちょうど後ろ向いたところですが。

posamu4159202
実はお土産用にネットで少し話題というかバウム
クーヘン買っても高いし、少し日本人には味あわな
いのが多いのでとあるものだと職場やお子さん用に
安くておいしくて適しているというお勧めのものを
さがしていました。ただ旧市街内のスーパーではそ
れはなく、ネットでは一般的なスーパーにはどこで
もありますとあったので、おかしいなあと思いな
がら、駅真ん前のカウフラントというショッピング
センターについてしまいました。ここで探すとあり
ました。これかということで試しに5個入りの1
箱買いました。1個食べましたがこれはなかなかい
けます。まあミュンヘンに行けば大量にあると思い
ましたので、ここでは1箱にしときました。この商
品はどういったものか?実はある動物で形づくられ
ているのが特徴です。まだ自宅にも数箱残ってま
す。お土産をもらって、このblog見ている人はわ
かりますね。たいしたものではありませんが、詳細
はミュンヘンにて。

 話は変わり、とりあえず、昼食をここですること
にしました。適当なパンでも良かったのですが中華
レストランみたいなものがありましたのでそこにしま
した。まあ旧市街内にもロータスという中華の店はあ
るのですが、地図を印刷するの忘れてましたし、絶対
食べようというものでもなかったので英久子さんにも
聞くのを忘れてました。まあ適当な昼メニューを頼み
ましたので何を食べたか忘れましたが、味は普通、
会計もレジがなくコックのでかいお財布から釣りが
でました。何とも怪しい店です。

 さて、そろそろ駅発の時間になりました。駅に
はいかにもヒッチハイク風な若い日本人男性とOLか
学生風の若い女性が2人いましたが、本当どこまでも
日本人だらけです。
 ここからフュッセンまでまた3回も乗換えなければ
なりません。

 今回も列車の時間多少遅れるも、まあなんとか乗換
はいけました。途中改札で前日は女性のDBの車掌で
した、今度は中年男性のDB車掌が来まして、グーデ
ンタークとダンケシェーンが何か機嫌がよかったので
しょうか、鼻歌まじりで発音された光景が妙に今まで
も頭をはなれません。文章で表現するのが難しい
ですが...
 途中の特急列車内はこんな感じです。


posamu4159653
posamu4159654
さて、いよいよフュッセン17:57着に
近づいてきました。このあたりはいかにも日本で
いえば田園風景が続くところでした。こんな感じ
です。

posamu4159655
posamu4159656

posamu4159657

さて、駅についてびっくり何だここはでした。

 その話は次回にて!!

※ 2007年8月当時の記事です。



aat64260 at 21:50|PermalinkComments(0)ドイツ | 旅行記

2009年12月07日

南ドイツ旅行記9(午前 ローデンブルク3)

8月27日(月)(午前 ローデンブルク3)

 さて、不覚にも昨日はすぐに寝てしまいましたが、
今日はその分を取り戻そうと決意。

 まず、その前になにわともあれ、腹ごしらえです。
朝8時に英久子さんとゆうかさんが朝食を持って来て
くれました。なぜか写真をとるのを忘れましたが、
これまた結構な量です。もちろんパンにソーセージや
ハム系に果物もたくさんでした。昨日の夜はシュネー
バルだけでしたので、たくさん食べれましたし、もち
ろんおいしかったです。

 食事後、英久子さんにローデンブルクの観光地や
今までのドイツ旅行や今後のことも参考意見として
いろいろお聞きしました。

 フランクフルト空港駅でカードで買えなかったのは、
実はバーンカードというドイツDB専用のカードでしか
買えない自動販売機だそうで、何回も乗ると安くなると
いうお特なカードのようです。まあ実際は国内の人専用
ですね。

 この後行く予定の中世犯罪博物館は日本人はドイツ語
読めないので多分30分以内で終わるでしょうと。それ
と昨日の夜行った聖ヤコプ教会は工事中ですが開いてい
ますかと聞くと、ここは工事は外装だけであいていると
のことでした。後は市庁舎の上は有料ですがローデンブ
ルク市内を見渡せると。タウバー渓谷を見ましたかとか。
その他いろいろ聞きすぎて忘れてました。他にミュンヘ
ンはそれこそ広くていろいろあるので見るのをしぼった
方が良いとか。まあ後わからなかったらお店の方にいま
すのでいつでも来てくださいということでした。

 とりあえず、休憩してシャワーをあびて朝9時くらい
にその30分で終わるという中世犯罪博物館へ行きまし
た。ゲストハウスからは歩いて2分くらいで近すぎ
です。

 まあ名前のとおり魔女狩りの拷問具や刑罰に使われた
道具が飾ってあります。写真はとりましたが、
 まず、表に目方をごまかしてパンを小さく焼いたパン
職人を水責めにした檻だそうです。

posamu4159175

入り口です。
posamu4159177
身持ちの悪い女性を中に閉じこめた恐ろしい
「鉄の処女」

posamu4159178
拷問の道具系
posamu4159179
その他中の展示です。
posamu4159180
それこそおっしゃるとおりドイツ語読めないので20分
くらいで終わってしまいました。

 さて、また町並を抜けて、

posamu4159182
マルクト広場の高さ60mの市庁舎へ行きました。上は
市庁舎といっても木造りで壊れないか心配なくらいでした。

posamu4159183
ここでも登る途中日本の方がいて、上まで後少しですよと
声かけられました。1人分しかない急でせまい階段を
登り展望台直前で、まあ、せまいところにチケットを売る
人がいました。そこでお金を払っていざ展望台ですがせま
くて2,3人しか実質入れません。。先の人はいたので
ようやくあがれました。
 写真でせまさがわかりますでしょうか 。

posamu4159185
posamu4159184
実は高所恐怖症なんですが、景色はなかなかでした。
posamu4159187

posamu4159188
posamu4159189
posamu4159190
さて、またてくてくと降りて、次は聖ヤコプ教会
の方ですが入り口が閉まっているのかと思ったら別
のところにありました。

posamu4159191
ここは知っている人は知っている1505年に完成
したリーメンシュナイダーの聖血の祭壇
(Heilig-Bkut-Altar)があります。
一応中はここも有料。暗くて写真映り悪いですが。

posamu4159192
posamu4159195
posamu4159196
posamu4159199
いかにも教会って感じです。

 さて、マルクト広場に面する市議宴会館には11:00
とか決まった時間に時計の左右の窓に仕掛け時計が出て来
ますので急いで広場へと行きます。もう結構な人がいまし
た。日本人も多かったですね。左に三十年戦争時のマイス
タートルンクの主役テイリー将軍で右の窓が大ジョッキを
手にしたヌッシュ市長が現れ、市長がワインを飲み干すの
ですが写真前後はありますが、わかりにくいですね。
 しまっているときです。

posamu4159201

posamu4159200
ちょっとだけですが映像もあります。
vision.chobirich.com/viewvideo.jspx

とりあえずそこそこまわったので、一旦ゲストハウス
へと帰るのでした。

 この後は次回にて!!

※ 2007年8月当時の記事です。



aat64260 at 21:08|PermalinkComments(0)ドイツ | 旅行記