2009年12月07日

南ドイツ旅行記8(午後 ローデンブルク2)

8月26日(日)(午後 ローデンブルク2)

 さて、夕方6時をまわるのに外はまだ明るいです。
実は夜8時になってもまだ外は明るいくらいでようや
く9時になって日が完全に沈むという感じでした。日
本ではありえないのでなんだか変なかんじでした。

 もう6時をすぎていたので施設系はしまっていて入
れないところが多いので、それは明日のまわすとして
再びマルクト広場へ行きました。アコーディオンオル
ガン等の楽器を引く方もおられました。日本ではギタ
ーになるんでしょうかね。

posamu4158619

posamu4158625
  店も日曜ですので結構しまってました。有名なテデ
イベアの専門店も閉まっていました。
写真は別の店です。刃物系の店も実際はしまってま
した。


posamu4158610
posamu4158609
ということでまずは景色から攻めようと思い、ブルク
門からブルク公園へ行きました。実はここからタウバ
ー渓谷が見えるのですが、なぜか写真がとれてないで
すね。景色きれいなんですが。ここから見た旧市街の
写真はあるのですが...


posamu4158611
posamu4158612
ここからシュランネン広場に向かったのですが
途中、日本人の団体がたくさんいまして、
ホテルや宿に一斉に入っていたのですが、何だか
団体すぎて気持ち悪かったですね。

 次に周りの城壁は階段から登れますので、とりあえ
ず、ひととおり歩きました。城壁の上からは大通りに
面してない町の風景が見えます。


posamu4158627
posamu4158613
posamu4158614

posamu4158615
posamu4158618
  さて、ローデンブルク名物といえばシュネーバルと
いうお菓子です。さっそく適当なお店で買って
みることにしました。1個が直径10cmくらい結構
食べるのは大変です。お味の方は見た目と違ってか
なりパサついているので、また非常に大きいので、
1個しか食べてないのに腹いっぱいに感じてしまいま
した。これがよかったのかと悪かったのか。後で響い
てきます。

posamu4158623
posamu4158620
再度ゲストハウスに帰るも、もらった鍵で開きません。
あれ~と思ったら、たまたま英久子さんとゆうか
さんが出かけられるところでした。どうも私が勘違い
で完全しまっている旧の店の扉を開けていたようで、
また鍵があってしまうのがくせものなんですが。
それにしてもお2人は昨日はハイデルベルクにおられ
るお子さんが戻ってこられてカラオケ大会とおっしゃ
てましたが、今日は最近できた日本料理のお店でお食
事会のようで、連日すごいですね。

 私は非常に、歩き疲れてましたので、とりあえず、
部屋に戻りシャワーをあびて、さあどうしようかと思
っていたら、急に疲れと眠気が来てそのまま寝てしま
いました。気が付くともう次の日の朝でした。あ~、
夕食も食べれず、夜警によるガイドツアー(英久子
さんのHP参照してください)も見れず残念でした。
朝のハイデルベルクの歩き疲れとローデンブルクでの
歩き疲れでしょうか。普段の運動不足が露呈してしま
いました。日本では夕食食べずに寝るとは考えられな
いのですが。

 ですので本格的なローデンブルク観光は次の日にな
ってしまいました。


※ 2007年8月当時の記事です。



aat64260 at 20:55|PermalinkComments(0)ドイツ | 旅行記

2009年12月06日

南ドイツ旅行記7(午後 ローデンブルク1)


8月26日(日)(午後 ローデンブルク1)

早速、英久子さんの店に電話しました。すると若い女性
でそれも日本語で対応されました。娘さんなのかなと思
いながらも今日宿泊する○○ですと返答しますと、すぐ
に英久子さんに変わっていただきました。駅まで歩いて
10分なので当初は迎えはいいですとメールはしていた
のですが、念のため聞いてみると、ドイツ人の旦那さん
が突然急用ができた為、外出した後で車がないとのこと。
あれまあドイツ人の旦那さんに会えなくて残念でしたが、
一応ゲストハウスでなくワインショップの方へ行けばい
いということで10分ほどてくてくと徒歩で向いました。

 駅の隣にまたバーガーキングがあるな(笑)と思いな
がら、駅から来たものはレーダー門から入るとガイド本
に書いてあるのでそのとおり5分ほどでレーダー門が見
えて来ました。それこそ今までと風景はがらりと変わり、
城壁で完全に囲まれています。中は本当に中世の町並み
を残した建物ばかりでした。写真ではその雰囲気がわか
りにくいかと思いますがレーダー門のあたりはこんな感
じです。
posamu4158103

この城壁で囲まれた旧市街は南北が1.2km 東西
1kmに満たない範囲です。
(参考までわかりにくいでしょうが地図UPしときます。)

clipmap.jp/tiny/

道は日本と違い全て石畳でできてます。スーツケース
を石畳の上をゴロゴロと引いて行くとみんなの視線をあ
びたというBlogを見た記憶があるので、これはまずいの
かなと所々持ち運んで動きました。南ドイツ後半は天気
悪くて寒いくらいでしたが、前半は快晴で動くと少し汗
ばむくらいでした。これがしんどいこと。後で、この
ことで英久子さんに聞くとそのあたりは日本人で観光客
なら寛大なんで別にスーツケースを石畳でひっぱてもい
いとのことでした。そうとは知らず一生懸命運びながら
建物や景色はすごいなと関心しながらちょこちょこデジ
カメで撮影しあっという間にマルクス塔をすぎ、


posamu4158112
posamu4158106

この街の真ん中マルクト広場につきました。
posamu4158113
店はこの南だなと、同じくてくてくとスーツケースを
持ちながら歩くと先に宿泊するゲストハウスが見えま
した。

posamu4158140
ここではないと先述のとおり聞いてましたので、
すぐにワインショップの方につきました。
(なぜか店を撮影するのを忘れました
看板だけです。詳しくは下記HPにて)

www.ekukoswine.de/index.php

posamu4158116
早速店の中に入り受付には先ほど電話で出られた若い
女性がおられました。そして、奥には英久子さんがお
られました。周りには地元にすんでおられる他の日本
人の方でしょうか?何人かおられました。早速ワイン
ショップだけにワインを試飲させていただきました。
初めの1杯は新作で次に違うのを1杯、後2杯はアイ
スワインと合計4杯も試飲させていただきました。英
久子さんにはワインについて丁寧に説明していただき
ましたが、残念ながら私は日本でそんなにワインを好
んで飲んでない人間なのでよくわかりませんでした。
 ただ現地でも英久子さんに言ったのですが日本でた
いしたワインを飲んだことがないのかもしれませんが、
どれもめちゃくちゃおいしかったですね。特に最初の
は一番おいしかったです。個人的に日本でこの後ワイ
ン飲んでやっぱりたいしたことなければ、この店に
個人で頼もうかなと思ったくらいでした。

 さて夕方5時半近くになってましたのでつもる話
は後にして、先ほどの受付の女性にゲストハウスに
案内していただきました。英久子さんの娘さんだと
思っていたのですが、どうやら違ったようでこの若
い女性・ゆうかさんもクレジットカードは持ってい
ないがANAのAMCカードはあるしEDYも知っ
ているとのことでした。先の店でこのドイツの航空
券はマイレージで来ましたよと言ってますし、それ
こそ、その話をすれば私が永遠に終わりませんので
特定のクレジットカードとEDYとネット広告クリ
ックとアンケートで結構たまりますよとだけ言っと
きました。 

 話しがそれましたが、このゲストハウスは昔の
ワインショップがあった所で2階が英久子さん達が
すんでいて3階の1室を貸しておられます。
 中はびっくりするくらい広く、シャワー室1つそ
れとは別にバスタブがあるシャワーもあり、寝室は
別にダイニングもあり1人で宿泊するにはもったい
ないくらいでした。値段は1人で朝食付きで65
ユーロですからそれこそ日本でこの値段では絶対
泊まれないような広さです。また人数が増えると
安くなるのでグループで泊るなら、なおさらお勧め
です。実際8、9月はお店のblogを見ると結構宿泊
された方多かったようですね。

 私は1人でしたのでいりませんでしたが何人かで
なら夜もお店のワインでお食事会も開いてくれるよ
うです。部屋の中はこんな感じです。

posamu4158110

posamu4158134
posamu4158109
posamu4158107
posamu4158135
さて、ゆうかさんに部屋の設備を案内してもらい、
彼女は店の方がまだあるので、私は適当に街をまわる
ことにさせてもらいました。シャワーあびて少しゆっ
くりしてから街の観光へと向かうのでした。

 具体的なローデンブルク観光記は次回にて!!

※ 2007年8月当時の記事です。



aat64260 at 19:24|PermalinkComments(0)ドイツ | 旅行記

南ドイツ旅行記6(午後ハイデルベルク→ローデンブルク)

8月26日(日)午後ハイデルベルク→ローデンブルク

 さて、時間どおり中央駅を13:14発→
Stuttgart Hbf 13:53着→14:13発→
Ansbach15:50着とここまでほぼ時間どおり順調
でした。

posamu4157575
途中検札来てもジャーマンレイルパス見せるだけ
でOKでした。ドイツで困るのは公共施設は、結構
トイレが有料の所が多いのです。特に駅構内はほと
んど有料でした。ただ列車内は無料ですのでほとん
ど宿泊施設か列車内すまさないと細かい話ですが
損した気分になります。

 さて、Ansbachを15:59に出発しましたが、
途中なんだかゆっくり走ったり止まったりして、
思ったように進みません。次の駅も乗換は5分
なんですが1時間に1本しかありませんので
乗り遅れるとちょっと悲惨です。宿泊先には
多分DBの時刻表でこの時間で着くと思いますと
先にメールで連絡してますが、遅れると国際
携帯電話はありませんので駅に電話がなければ
連絡無理です。

 その最後の乗換駅Steinach(b Rothenb)に結局着
いたのは16:35 駅2番ホーム その駅の出
発が5番から16:35 ちょうど列車が見えて
ます。

 あっやばいと急いで走りましたが、(どうも
私だけでなく何人か同じようでした)多分間に合
わないなと思いながらも、どうやら乗継を待って
いてくれたような感じでみんなが完全に乗ってか
らしばらくして発車となりました。これは後で
宿泊先の英久子さんに聞いたところ、やはり1時
間に1本でそこしか乗換ないのでいつも遅れてい
る場合は待ってくれるとのことでした。

 ともかく、遅れましたがようやく17:00
くらいにローデンブルク駅に到着。


posamu4157576
さて、もし駅まで迎えが必要なら電話してくだ
さい。と聞いていたので、一応電話しておこうと
探そうとしたところ、いきなり見知らぬドイツ人
の老婆が私に話しかけてきました。はて、ひょっ
としたら宿泊先の英久子さんのご家族かなと思っ
たら、まず、日本人ですかと聞いてきて、どうも
泊る宿がないなら私のところに泊まれるよという
ご案内でした。結構この先、いろんな方と話す
機会ありました。そういった旅行の方がまた面白
いんでしょうが。

 ご案内の方に対しては、当然宿泊先は決まって
いるので丁寧にお断りして、公衆電話を探しまし
た。一応駅近くに電話はあると聞いてましたが、
詳しく場所を聞いてませんでしたので、駅の中を
探すもなし、よく見ると隣のバスストップに公衆
電話っぽいものがありました。
 
 さて、HPに載っていた電話番号をかけると
思わぬハプニングが起こりました。
それについては次回に! 


※ 2007年8月当時の記事です。


aat64260 at 19:14|PermalinkComments(0)ドイツ | 旅行記