2017年02月13日

海外旅行の想ひ出5(2008年パリ)

 海外旅行の想ひ出5(2008年パリ)


 今度はパリの紹介です。
パリは何回か来てますが、
このときが、最初です。
 まずは、凱旋門です。
このときは上に登らなかったのですが、
2回目のときに登りました。


DSCF1055_R














エッフェル塔です。
ちょうど記念イベントで
シャンパンフラッシュ時でした。
カメラの性能が悪く 撮影するのに
苦労しました。

DSCF1617_R













こんな感じで点滅しました。

DSCF1093_R













こちらは朝に行きました。
登るのには、かなり並ぶので早めに行きました。

DSCF1099_R














エッフェル塔からの景色です。
パリの街を一望できるので、
なかなかでした。

DSCF1111_R













こちらは逆光で映り悪いですが、
ノートルダム大聖堂です。
入場料無料です。

DSCF1156_R













こちらは そのノートルダム大聖堂上からの景色です。

パリの街を見るガルクイユが
印象に残ります。

DSCF1189_R














こちらはルーブル美術館です。

DSCF1251_R













内部です。
このときは、まだ写真撮影禁止でありませんでした。
今は、中国人の方々の観光が増えて
フラッシュをたいて、絵画とばしばし撮影
してしまったため。撮影禁止となってしまいました。

ですので、今は逆に貴重な写真かもしれません。


DSCF1255_R













まずは、ミロのヴィーナスです。

DSCF1271_R














こちらは、サモトラケのニケです。

DSCF1289_R













すごく人がいますが、なにかといいますと、

DSCF1319_R













あのモナリザの絵です。
当時のデジカメで性能が悪く、
近くは、人が、寄れない形で柵になってましたので、
かなり苦労して撮影しました。
それでも、今となっては、撮影すらできませんしね。


DSCF1321_R













こちらは、映り悪いですが、
フェルメールの レースを編む女ですね。



DSCF1393_R















で、こちらは、あのヴェルサイユ宮殿です。

DSCF1504_R













中の鏡の回廊です。
とにかく豪華です。

DSCF1467_R













こちらもすごいです。

DSCF1429_R













ただ、私的によかったのは、
マリーアントワネットの離宮です。
マリーアントワネット自体も
あの豪華な宮殿は飽きてきたのか、
こちらの庭園で実際はすごしていたようです。

DSCF1581_R













すごく素朴ですが、落ち着きますね。
その分手入れも大変かと思いますが。


DSCF1591_R














で、こちらは、枝魯枝魯パリ店の料理です。


もともと京都のお店で、
くずし割烹のお店です。

店主の枝國さんが、このときは、
自身で料理されてました。

メニューはなし、月替わりコースだけですが、
予約していきました。
ですので、なにが出るかわかりません。 

そのうちのいくつかをUPします。
 
 こちらは、あんきもと山下農園のトマト
こんにゃく・なすの田楽・とうがらし(中は肉)
と かいわれ大根(いくら入り)です。
味がおいしいのは当然ですが、素材のこだわり
がすごいです。
山下農園って日本から輸入と思ってしまいましたが
そうではなくパリでされている農園での調達です。


DSCF1402_R













こちらは、そのまままぐろ刺身とお茶漬けです。
店主枝國さんの話では、
まぐろの刺身はフランス人
生の魚を食べる習慣ないので
大丈夫かなと心配されてましたが。



DSCF1407_R














で、こちらは、ルー・ブーランジェ・
ド・モンジュです。東京 赤坂 サカスや
全国にある 
ルー・ブーランジェ ドミニク・サブロンの
本店です。


  このときは、ミニクロワッサンとエスカルゴという
パン頼みました。両方ともさすが名店ですので
おいしかったですね。

DSCF1612_R













こちらは、パリ北駅のホテルの
朝食のクロワッサンです。
こちらのクロワッサンがものすごくおいしかったです。
日本でいろんなクロワッサン食べましたが、
やっぱりパリのクロワッサンは1番おいしいです。


DSCF2203_R













 こちらは、何度かUPしました。
国虎屋での、あの宮崎駿監督と鈴木敏夫プロデューサーです。
 偶然、写真撮影することができました。

 ひげ面の方だけでは
似た人かなと一瞬思ってしまいますが、
隣がジブリの鈴木敏夫プロデューサー
がいなければ、本物と思えませんでしたが、
これは間違いないと思わず写真
とってしまいました。



結構な人でしたので特になにもなく
単に前通っただけですが。

ちょうどこの時、ヴァネチア国際映画祭が
あった時で、なぜかみなパリに寄ってから
ヴェネチアに行くのですね。
(北野武監督も同じコースのようでした。)

さすがに連日フランス料理で胃が疲れたのか
ここしかないうどん屋に目が行ったのかは
わかりませんが。
 残念ながら今はこの国虎屋さんは
店変わって ありません。


DSCF1249_R













次は、モンサンミシェルになります。





 

aat64260 at 00:30│Comments(4)TrackBack(0)パリ | 旅行記

トラックバックURL

この記事へのコメント

4. Posted by オサムシ   2017年02月14日 06:34
☆ イヴォンヌさんへ
美術館めぐりいいですね。
☆ takoingさんへ
撮影禁止は残念です。
☆ こちささんへ
フランスもいいですよ。
3. Posted by こちさ   2017年02月14日 02:01
フランスは2回行っているけれど、
私にはあまり合わない国かも・・・(^^;
ディズニーランドパリ1周年と10周年のときに
行って、それは楽しかったですけどね~。
あ、昔はユーロディズニーって名前でした。
フランス、また行くことってあるかな~☆
2. Posted by takoing   2017年02月13日 22:32
美術館とか動物園とか撮影禁止になっちゃうと残念ですよね。
まぁその分、目に焼き付ければ良い、って事なんでしょうが。
ガルクイユ、ほんと奇抜ですよね。
1. Posted by イヴォンヌ   2017年02月13日 16:55
パリはやっぱりいいな~♪
美術館めぐり良くしました~)^o^(

コメントする

名前
URL
 
  絵文字