マドリード旅行記29(セゴビア2)マドリード旅行記30(セゴビア3)

2017年09月07日

福井旅行記17(シンボルロード1)

 福井旅行記17(シンボルロード1)


 敦賀駅からのシンボルロードを
歩いてみました。



DSC05316_R














実は こちらには、
松本零士の 銀河鉄道999や
宇宙戦艦ヤマトをモチーフにした
銅像が並んでいます。

なぜ、敦賀市になったかというと
敦賀市の観光HPから拝借しまして説明文です。


なぜ、敦賀の街に松本零士氏の両作品をモチーフとした
ブロンズ像が並んでいるのでしょうか。
そのヒントは「銀河鉄道999=鉄道・科学・未来」「
宇宙戦艦ヤマト=港・科学・未来」です。

敦賀は日本海側で最初に鉄道が敷かれた街です。
かつて、東京とパリを結ぶ「欧亜国際連絡列車」が
敦賀港駅を経由して走り、
昭和32年には国内では最初の本格的交流電化が完成、
さらに昭和37年には、完成当時日本一、
世界第5位の北陸トンネルが開通しました。
敦賀は日本海側の交通の要所として「日本でも有数の鉄道と港の町」だったのです。
このシンボルロードに設置されているブロンズ像は、
1999年に敦賀港開港100周年を記念して、
市のイメージである「科学都市」「港」「駅」と
敦賀市の将来像を重ね合わせて設置されたものだとのことです。


で、こちらはメーテルと主人公の星野鉄郎ですね。


DSC05317_R













999をご存じの方は
いまさらの説明です。


DSC05318_R













こちらは車掌さんですね。
声優の肝付兼太さんは
残念ながら既に亡くなられていますね。


DSC05319_R















DSC05320_R













DSC05321_R













しばらくはシンボルロード沿いを歩きました。


DSC05322_R













こういったポスター多かったです。


DSC05323_R














こちらは 鉄郎の母親です。

DSC05324_R















DSC05325_R














こちらはメーテルです。

DSC05326_R














DSC05327_R













主人公の星野鉄郎です。


DSC05328_R














実は、映画版999がモチーフですので、
TV版の鉄郎と違います。
また、映画に沿って、銅像も作られています。

DSC05329_R














松本零士の作品では お馴染みの
キャプテンハーロックですね。


DSC05330_R














DSC05331_R













こんな感じでシンボルロードに
銅像が点在しております。
今回すべて撮影しました(笑)。

DSC05332_R















DSC05333_R














敦賀駅前から 気比神社まで続いています。


DSC05334_R













こちらは別の方の作品ですね。

DSC05335_R














DSC05336_R














DSC05337_R














DSC05338_R













順番は アルプラザ敦賀店からいったん
JR敦賀駅に行っています。

DSC05339_R













JR敦賀駅は 関西の方なら語ご存じかと
思いますが、JR新快速の起点でもあります。
ここから京都・大阪や神戸などで
特急なしでも結構早い時間で移動できます。
敦賀から京都駅まで 新快速で1時間半ほどです。

DSC05340_R













この日 日曜でしたが、
あまり人がいませんでした。
みんな 新快速使って
京都大阪に出ているのかな(笑)。

DSC05341_R













もう少しシンボルロード続きます。







aat64260 at 00:30│Comments(3)旅行記 | 福井

この記事へのコメント

3. Posted by オサムシ   2017年09月08日 06:17
☆ イヴォンヌさんへ
いろいろありました。
☆ こちささんへ
そうでしょうね。
2. Posted by こちさ   2017年09月08日 02:30
ファンにはたまらない場所ですね^^☆
1. Posted by イヴォンヌ   2017年09月07日 21:24
シンボルロードモニュメントがかわいいですね~♪

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
マドリード旅行記29(セゴビア2)マドリード旅行記30(セゴビア3)