パリ

2017年04月03日

海外旅行の想ひ出26(2012年再びパリへ)

 海外旅行の想ひ出26(2012年再びパリへ)


 再びパリへ特典旅行で行きました。
今回は1週間以上の長期間なのですが、
パリのホテルは値段高いので悩みましたが、
幸い、このとき円高でしたので、
オペラ座近くのこちらのホテルにしました。

IMG_4912












1人でしたので、十分でした。

IMG_4914











まずは、凱旋門です。
前回こちらの上に登ってませんでしたので、
ちょっと行ってみました。

IMG_5242












地下が券売所のなっています。、
登るところはこちらからです。

IMG_5258












階段を登っていきます。
このとき、リュックサックに一眼レフに
ミネラルウオーターでかいのを背負いながらなので
腰を痛めてしまいました。

なお、途中、お土産やさんもありました。
ここが1番上です。


IMG_5268











上からの景色です。



IMG_5274












こちらは新凱旋門です。
後で行きます。

IMG_5275












エッフェル塔です。

IMG_5280












この後、マカロンで有名な
ラデュレの本店ですが、建物が修理中でしたので、
仮店舗になってました。

IMG_5308












値段は高かったですが、日本よりは安くて
とてもおいしかったです。

IMG_5313












こちらは有名なムーランルージュです。


IMG_5334












こちらにプチトラムで移動しました。

IMG_5342












こちらは、モンマルトルの
サクレ・クール寺院です。

IMG_5378













ここからの景色もなかなかでした。

IMG_5382












こちらは絵描きのかた多かったです。

IMG_5388











こちらは3大美術館の1つ
オルセー美術館です。

IMG_6198












こちらも撮影禁止でしたので、
撮影できるところだけ、
もともとこちらはオルセー駅でしたので、
こんな感じで時計が残ってました。

IMG_6201












IMG_6202











中はこんな感じでした。


IMG_6205












こちらは、あのウルトラクイズでも
問題になった 自由の女神のパリ版です。

IMG_6210












こちらはモンパルナスタワーです。

IMG_6249












上からの景色です。こちらも
パリの街がよく見えました。

IMG_6267












で、いつもパリでは、ラーメン関係が多かったので、
JCBプラザでまともなレストランを予約して
もらいました。
それこそ、ルーブル美術館近くにある、
ルーブルというレストランです。
日本語メニューもありました。
こちらのお店は
フォーマルな服装でなく入れるのが利点です。


IMG_6293











まずは前菜です。メニューどおりに
マリネした生姜風味 サーモンのタルタル海苔包み
2種類に仕立てたルッコラです。
なかなかおいしかったです。
 


IMG_6296












こちらメインです。小鴨の胸肉、ローストトマト、
ペッパー風味のソース
思ったより少し甘かったですが、
なかなかおいしかったです。
 

IMG_6297












付け合せです。
野菜のソテーです。結構食べるのに時間かかるくらい
量多かったです。
 

IMG_6298












デザートのチョコパフェです。写真以上にでかくて
おいしかったです。結構お腹いっぱいになりました。
コースはで38ユーロでした。まあなかなかでしたが、
水が8ユーロがいただけないです。その分
量多かったですが。
 
 このままホテルへ帰りましたが、
ひどい腰痛と先のフランス料理は
非常におしかったのですが、
かなり量が多くて 後に来てしまいました。
正直 このまま やばいかなというくらい
しんどくなりました。腰痛も別途にプラスさて、
旅行で、ここまでひどいのは
はじめてでした。しばらくベットで横になって
いたのでしんどさはだいぶん引きましたが、
腰痛は悪化の一方でした。

IMG_6302












で、体調は最悪なままでしたが、
新凱旋門へなんとか地下鉄で行きました。

IMG_6804












残念ながら上へは登れませんでしたが、
まわりの建物は斬新でした。

IMG_6812













IMG_6814













こちらは、再度ルーブル美術館です。

IMG_6877












三角ピラミットは印象的ですね。




IMG_6875












先のとおり、中国観光客の
大量フラッシュ撮影のため、中は撮影禁止になりました。
こちらは外側から撮影したものです。


IMG_6886












パリもここまです。今度は再度 
夜のモンサンミシェルの紹介です。






 

aat64260 at 00:30|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

2017年02月13日

海外旅行の想ひ出5(2008年パリ)

 海外旅行の想ひ出5(2008年パリ)


 今度はパリの紹介です。
パリは何回か来てますが、
このときが、最初です。
 まずは、凱旋門です。
このときは上に登らなかったのですが、
2回目のときに登りました。


DSCF1055_R














エッフェル塔です。
ちょうど記念イベントで
シャンパンフラッシュ時でした。
カメラの性能が悪く 撮影するのに
苦労しました。

DSCF1617_R













こんな感じで点滅しました。

DSCF1093_R













こちらは朝に行きました。
登るのには、かなり並ぶので早めに行きました。

DSCF1099_R














エッフェル塔からの景色です。
パリの街を一望できるので、
なかなかでした。

DSCF1111_R













こちらは逆光で映り悪いですが、
ノートルダム大聖堂です。
入場料無料です。

DSCF1156_R













こちらは そのノートルダム大聖堂上からの景色です。

パリの街を見るガルクイユが
印象に残ります。

DSCF1189_R














こちらはルーブル美術館です。

DSCF1251_R













内部です。
このときは、まだ写真撮影禁止でありませんでした。
今は、中国人の方々の観光が増えて
フラッシュをたいて、絵画とばしばし撮影
してしまったため。撮影禁止となってしまいました。

ですので、今は逆に貴重な写真かもしれません。


DSCF1255_R













まずは、ミロのヴィーナスです。

DSCF1271_R














こちらは、サモトラケのニケです。

DSCF1289_R













すごく人がいますが、なにかといいますと、

DSCF1319_R













あのモナリザの絵です。
当時のデジカメで性能が悪く、
近くは、人が、寄れない形で柵になってましたので、
かなり苦労して撮影しました。
それでも、今となっては、撮影すらできませんしね。


DSCF1321_R













こちらは、映り悪いですが、
フェルメールの レースを編む女ですね。



DSCF1393_R















で、こちらは、あのヴェルサイユ宮殿です。

DSCF1504_R













中の鏡の回廊です。
とにかく豪華です。

DSCF1467_R













こちらもすごいです。

DSCF1429_R













ただ、私的によかったのは、
マリーアントワネットの離宮です。
マリーアントワネット自体も
あの豪華な宮殿は飽きてきたのか、
こちらの庭園で実際はすごしていたようです。

DSCF1581_R













すごく素朴ですが、落ち着きますね。
その分手入れも大変かと思いますが。


DSCF1591_R














で、こちらは、枝魯枝魯パリ店の料理です。


もともと京都のお店で、
くずし割烹のお店です。

店主の枝國さんが、このときは、
自身で料理されてました。

メニューはなし、月替わりコースだけですが、
予約していきました。
ですので、なにが出るかわかりません。 

そのうちのいくつかをUPします。
 
 こちらは、あんきもと山下農園のトマト
こんにゃく・なすの田楽・とうがらし(中は肉)
と かいわれ大根(いくら入り)です。
味がおいしいのは当然ですが、素材のこだわり
がすごいです。
山下農園って日本から輸入と思ってしまいましたが
そうではなくパリでされている農園での調達です。


DSCF1402_R













こちらは、そのまままぐろ刺身とお茶漬けです。
店主枝國さんの話では、
まぐろの刺身はフランス人
生の魚を食べる習慣ないので
大丈夫かなと心配されてましたが。



DSCF1407_R














で、こちらは、ルー・ブーランジェ・
ド・モンジュです。東京 赤坂 サカスや
全国にある 
ルー・ブーランジェ ドミニク・サブロンの
本店です。


  このときは、ミニクロワッサンとエスカルゴという
パン頼みました。両方ともさすが名店ですので
おいしかったですね。

DSCF1612_R













こちらは、パリ北駅のホテルの
朝食のクロワッサンです。
こちらのクロワッサンがものすごくおいしかったです。
日本でいろんなクロワッサン食べましたが、
やっぱりパリのクロワッサンは1番おいしいです。


DSCF2203_R













 こちらは、何度かUPしました。
国虎屋での、あの宮崎駿監督と鈴木敏夫プロデューサーです。
 偶然、写真撮影することができました。

 ひげ面の方だけでは
似た人かなと一瞬思ってしまいますが、
隣がジブリの鈴木敏夫プロデューサー
がいなければ、本物と思えませんでしたが、
これは間違いないと思わず写真
とってしまいました。



結構な人でしたので特になにもなく
単に前通っただけですが。

ちょうどこの時、ヴァネチア国際映画祭が
あった時で、なぜかみなパリに寄ってから
ヴェネチアに行くのですね。
(北野武監督も同じコースのようでした。)

さすがに連日フランス料理で胃が疲れたのか
ここしかないうどん屋に目が行ったのかは
わかりませんが。
 残念ながら今はこの国虎屋さんは
店変わって ありません。


DSCF1249_R













次は、モンサンミシェルになります。





 

aat64260 at 00:30|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2015年12月02日

フランス旅行記30(CDG空港→北京空港)

 5月5日(火)・6日(水) CDG空港→北京空港

  CA便内です。

DSC00375_R













メニューです。
出発直後に
先にくれるので
かなり前から確認
できます。

DSC00376_R













DSC00377_R













英語があるのでなんとかわかりますね。


DSC00378_R














DSC00379_R














DSC00380_R













DSC00381_R













こちらはヘッドフォンです。

DSC00382_R














DSC00383_R














DSC00384_R














パリの景色です。

DSC00385_R













街もありますが、
ブドウ畑なども多いですね。


DSC00386_R













DSC00387_R













DSC00388_R













DSC00389_R













フライト情報です。

DSC00390_R














さて、2時間ほどたって出てきました。

DSC00392_R













DSC00393_R













前菜です。
あいも変わらず 味は薄いです。 
オイルや香辛料系あれば
それもかけたりしたのですが、
味はいまいちです。

DSC00394_R














DSC00395_R













メインの肉です。
いまいちですね。
CA便 いつもながら設備はいいのですが、
機内食はいまいちですし、
CAの人達も 悪くはないですが、
良くもないです。

DSC00396_R














ご飯はパサパサで堅いとこともありました。

DSC00397_R













唯一 ましだったのは
フルーツでした。味付けないからでしょうね(笑)。

DSC00398_R













こんな感じでアメニティは ロクシタンと
豪華です。

DSC00399_R













DSC00400_R













こちらは朝食になります。
オムレツ系もいまいちというか
味が薄いです。
ひょっとすると 機内食は気圧の関係で
地上より 味が変わるため
それ用に調理されているのですが、
CA便の場合は 地上のままで出せれているのかも
しれませんね。
ですので、地上で食べればおいしいかもしれません(笑)。

DSC00402_R













パンも普通ですね。

DSC00403_R














北京に近づいてきました。
5月ですので、
大気汚染で かなり曇っているということは
なかったですが、やはり
少しガスってますね。

DSC00404_R















DSC00405_R













とにかく急速に開発されてますね。

DSC00406_R













北京には翌日の12:25 に到着です。

DSC00408_R














DSC00409_R













何とか無事に到着です。

DSC00410_R














さて、ここでびっくりなことがありました。
搭乗口から出たときに 私の名前がありました。
何事かと思いきや
乗継の方は 係員が案内してくれるようです。

何回も北京でこのCA乗継パターンを
利用していますが、今回初めてです。
逆に何回も利用しているので
案内してくれたかもしれませんね。

こちらのお姉さんが案内してくれました。


DSC00411_R













この間 英語で話かけられてきました。

中国は何回目とか?
あまり いろいろ話かけられても
英語 堪能でないので
少しびくびくものでした(笑)。

なんとか 会話はできました。

DSC00412_R














案内はここまでです。

後は、パスポートを見せて審査をうけて、
下でセキュリティチェックを受ける形になります。
中国に入国するわけではないので
入国カードはいりません。

ただ、相変わらず、セキリュティチェックは
時間かかりました。

ここでなぜか ひかかってしまい
また、歯磨きが金属でひかかったようです。
適当にソーラーパワーとかいって
不思議そうな感じでしたが。

まあ、時間はかなり余裕がありましたので、
以前のように間1時間しかないときより
はちょうどよかったですが。

DSC00413_R













DSC00414_R













北京空港内です。
ここも変わっていませんね。

DSC00415_R













で、こちらのCAの Cクラスのラウンジです。

DSC00416_R













DSC00417_R













次はようやくこの旅行記も最終です。









aat64260 at 00:30|PermalinkComments(3)TrackBack(0)