パリ

2017年05月10日

海外旅行の想ひ出42(2015年またまたパリへ)

 海外旅行の想ひ出42(2015年またまたパリへ)


 南フランス観光後は
パリに戻りました。
 ただ、CDGに戻ると飛行機代が高いので、
ORLY空港 に 戻りました。

DSC00034_R














時間少しかかりますが、
トラムのAéroport d’Orly駅から

30分ほどでヴィルジュイフ・ルイ・アラゴン駅へ
移動し7号線で地下鉄でパリ中心地まで
移動できます。
値段は安かったのですが、
地下鉄から中心地まで時間がかかりました。 


DSC00058_R













ホテルはオペラ座近くの
 ホテルアンティントリ二― です。
値段は少し高かったのですが、
オペラ座近くで
便利で1泊だけでしたのでここにしました。
まあ、少しせまいですが、
以前 北駅で泊まった安いホテルよりは
少し広いのでましでした。
 

DSC00070_R














ホテルに朝食はつけてなかったので
朝行きたかった店に行きました。
こちらはサントリニテ教会です。


DSC00079_R













徒歩で10数分ほどです。
メゾン・ランドゥメンヌというお店です。


こちらは日本人の奥さんが経営されているお店で
パリで大人気になったということで
今東京 六本木に進出しています。
その本店です。
その日本人の奥さんの石川芳美さんは
ちょうど 日本オープンでおられませんでした。
黒人の女性の方が切り盛りされてました。
朝7時代でしたが、並ぶほどの人気でした。

DSC00080_R













やはりおいしいのはクロワッサンですね。
なぜかパリで食べるクロワッサンと
日本とは違います。
パリの方がだんせんおいしいです。


DSC00083_R














パッサージュ・ギャラリー・ヴィヴィエンヌに来ました。
パッサージュとは通り道という意味だそうです。



DSC00095_R













商店街なんですが、

美しいパリ19世紀時のような空間が目の前に広がります


DSC00107_R













すごいですね。


DSC00105_R













フランス語が読めないので意味がわかりませんが。

DSC00118_R













で、今回ぜひ見たかったのは
オペラ座の内部です。
何回も外観は見ておりますが、
内部はまだでした。

DSC00121_R













観劇がないと入れないのかと
思ってましたが、
決まった時間に内部を見学することができます。
英語やフランス語ツアーはあるのですが、
日本語はなかったので自力でまわることにしました。
 ここで日本語の音声ガイドの機械を借りました。

 ここで別途数ユーロだと思いますが、
それと身分証明書を1つ預けないといけないのですが、
ミラノの最後の晩餐や ルーブル美術館でも
経験しているのですが、パスポートを渡すと
非常に不安なので、日本の運転免許証を
預けるとそれはOKでした。
 こちらだとなくしても日本で再発行できますので。
パスポートはないと出国できませんので。

DSC00122_R













内部写真撮影OKでしたので
安心しました。

 ここからスタートです。

まずはオペラ座の大階段からです。

DSC00128_R













ホール中も撮影してみました。 すごいですね。


DSC00148_R














ここはあの有名な オペラ座の怪人の
5番BOXです。
といいながら私自身 オペラ座の怪人 
見たことも本等も読んだことないので
話すら知らないのですが(笑)。



DSC00151_R














シャガールの天井画の「夢の花束」です。



DSC00155_R













音声ガイドにそって動きましたが、
その時はへえ~と 納得していて
聞いていたのですが、ほとんど忘れてしまいました(笑)。


DSC00173_R















DSC00174_R













こちらの天上も豪華ですね。
名称があったのですが、忘れてしまいました。

DSC00175_R













大広間ですが、なんとも豪華で
宮殿みたいですね。

DSC00185_R













とにかく金ピカの一言です(笑)。

DSC00189_R













外のバルコニーです。

DSC00192_R













GWのフランスはほぼ晴天だったのですが、
この最終日だけ雨でした。
オペラ座の前は パリの交通要所ですので
混んでますね。



DSC00193_R













こちらは図書館です。
こういった時しか一般には公開されてないのですが、
逆にもったいないですね。


DSC00210_R













そのまま軽食で、
L'As du Fallafel という お店によりました。

お店名のファラフェルとは
イスラエルのポピュラーなファーストフードの
ことだそうです。
 TV等で紹介していたので、どんなのか気になり
ちょっと寄ってみました。
 結構人気店のようで、イートインもできますが、
テイクアウトでもならんでいました。



DSC00238_R













どれにしようか
悩んでいましたが、ほとんど強引に店の人に
店名にあるファラフェルスペシャルにさせられました(笑)。

結構量多くてでかいです。ベジタリアンタイプということで
イスラムにも対応したフードなんでしょうね。

 

DSC00243_R














次に向かったのは、
L'Éclair de Génie RUE PAV'ÉE です。


TV等で紹介されていたお店で、
パリに行ったときはぜひとも
行きたいと思ったお店です。
 実際、東京にも進出しており、
京都や大阪の百貨店内にお店がありますし、
日本でも食べておりますが、 
先に行ったのは、この時で、
本場を味わいたくて、現地に行ってみました。
 場所は先のファラフェルの近くですが、
店の対面側になぜかマシンガンをもった兵隊さんが
見張っていて少し怖かったです。
 ただ、店自体はそんなこともなく
入りやすい雰囲気でした。

DSC00247_R













1番人気の塩味でもよかったのですが、
キャラメルエクレアにしてみました。
見た目以上においしかったです。 


DSC00249_R













次に向かったのは、
JEAN-PAUL HÉVIN PARIS Saint-Honoré 店です。



こちらは、
今や日本にもあるお店ジャンポールエヴァンですが、
パリは3度目ですが、
こちらのカフェの方はまだ行ったことがないので、
寄ってみました。
 1階は、販売店になっており、2階がカフェになっています。

DSC00253_R













昼の時間帯ならランチもあるのですが、
今回はカフェ利用で、
ホットチョコレートとケーキは
チョコレートパッションにしてみました。
ホットチョコレートの方ですが、2杯分は飲める量です。
 日本だと非常に濃い印象で、
フランスは甘いのかなと勝手な思い込みがありましたが、
意外にも薄くて飲みやすいのでちょっとびっくりです。
 

DSC00267_R













ケーキの方は、ほんのり洋酒が
入っていてさすがチョコレートの専門店です。
なかなかおいしかったです。
 日本だと値段もっと高いのですが、
こちらは手ごろな値段でまたびっくりです。
チョコレートも日本だともっと高いのですが、
こちらは日本ほど高くないので
1階で ちょっと買っておけばよかったかなと思いました。
 さすがパリですね。
 

DSC00268_R














何回も来ている ルーブル美術館です。

DSC00297_R













ここのピラミッドは印象的ですね。

DSC00295_R













こちらはパリ 東駅です。
何度かパリに来ていますが、
こちらははじめてでした。


DSC00302_R













東駅によった目的は サン・マルタン運河
によるためです。

こちらは実はクルーズ見学もあるようで
水門を通るときは水位もさげるそうです。
 
DSC00314_R













またパリでも雰囲気違いますね。

DSC00323_R













パリはここまでです。
また違う国へ移ります。









 

aat64260 at 00:30|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2017年05月08日

海外旅行の想ひ出41(2015年モナコ&南フランス)

 海外旅行の想ひ出41(2015年モナコ&南フランス)

 
 GWに 特典旅行で フランスに行きました。
パリは2度行ってますので、
南フランスへ行ってみました。
CDGから オルリー空港に移動し
そこからニース空港に移動しました。


DSC09310_R













こちら空港内に設置されている電話です。

夜遅かったのですが、
宿泊するホテルは

Novotel Nice Arenas Aeroportなので

省略してますが、
*3593 でかけると フロントにつながるようです。

どきどきしながら TELすると
なんとか簡単な英語はOKでした。
自分の名前と予約したといったところ
A1 出口で シャトルバスが迎えに
来るからそこで待ってくださいという
内容でした。
なんとか聞き取れて対応できたので
一安心です。



DSC09313_R














非常に広い部屋でした。
ニース市内にしなくて
こちらの空港近くで正解でした。
23時だと ニース市内までの
公共機関はなく
タクシーだけですので、
結構距離ありますので。
無線WIFIも24時間ほどですが
無料で使用できました。

DSC09320_R













今回は朝食混みでした。

こちらが結構豪華でした。
パンはいろんな種類がありました。
いつもながら盛り付け下手ですが、
ついつい盛ってしまい
たくさん食べ過ぎました。海外は
昼がまともに食べれるかわかりませんので。
 
 
DSC09326_R













まず、モナコに向かいました。
モナコまでの110番バスです。
安く行くなら ニース市内経由で
行けますがかなり時間かかります。

ですので、途中下車が少ないこちらの
バスを利用しました。

往復で
30ユーロかかりますが、
移動は40分ほどです。
1時間に1本出ています。
先に券売所で
モナコと言って現金で買えました。

バスははじめ私しかのっていなかったので
運転手が話かけてきました。
どこから来たのとか?
フランスははじめてかと。
日本人だとわかると
僕は日本の寿司が好きだとかでしたが。
ここでどこに行くのと言われたので
モナコのPlace d'Armes  といったのですが、
やはり発音が悪くてわからなかったようで、
路線図で ここと指差して
わかってくれました。
これが結果的にはよかったです。
 

DSC09334_R













モナコ到着です。
大公宮殿です。

DSC09381_R













こちらの寺院
ファザードが立派ですね。

DSC09389_R













こちらの旧市街 こんな断崖絶壁の
上に建てられてます。


DSC09682_R













まず乗りたかったのは
こちらのプチトランです。
9ユーロで30分間 モナコを1周するのですが、
あのF1でおなじみのヘアピンコースを
走りますのでコースを実体験できます。
 日本語の音声説明がありました。
 
DSC09397_R













丘からの景色を見るのに、ちょうど逆側で
撮影しにくかったです。


DSC09405_R













公道に入ってきました。


F1 モナコグランプリで見た景色です。

日本語のガイドアナウンスもありましたので
ちょうど モナコマイスター
故アイルトン・セナの説明がありました。
5連勝含む 6勝はセナがダントツです。
狭い市街地コースで行われますので
抜くポイントもせまく
マシンの性能差だけでは抜けない中
6勝というのはいかにすごいという
説明でした。

セナのようなドライバーも出てこないかな。
最近はF1も前ほど熱心に見なくなりましたが。
 
DSC09415_R














あのF1でも見た
トンネルに入ります。
中はこんな感じでした。

DSC09436_R













ここはショッピングセンターで
高級ブランド店が並んでいます。

DSC09454_R













30分のプチトランはここまでです。
水族館へ向かいました。

DSC09491_R













こちらの水族館については。
日本テレビの番組 アナザスカイで
あのサカナくんが絶賛していた世界で三本の指に入るという
水族館です。

 
DSC09494_R














1989年に物理濾過、化学濾過による水質浄化を一切行わずに、
自然界の環境を高度に再現した水族館です。

DSC09525_R













ただ、個人的には水族館はふつうでして、
こちらの上の博物館上の景色の方が
よかったです。

DSC09583_R













ここからモナコ市街が一望できました。

DSC09587_R













再度、大公宮殿に戻りまた。
ここで、
1日1回 だけ 11:15分に
衛兵の交代式が約30分間あります。
何とか間に合いました。 

DSC09648_R













この後、
モンテカルロ地区によりました。

ちょうどカジノの前です。
カジノ内は結局よりませんでしたが。

DSC09705_R













やっぱりカジノの前は
フェラーリなど かなり 値段が高そうな車ばかりでした。

DSC09707_R













モナコはここまでで、
今度は、ニース市内の方へ行きました。


DSC09742_R













天使の湾と呼ばれる ニースの海岸線です。
欧州の海では私が見た中では
一番きれいでした。
 


DSC09800_R














ベロタクシーがありました。



DSC09770_R













ニース中心地ですが、
こちらもきれいですね。

DSC09778_R













カリソン・デクスというお菓子です。
正直、こちらは甘すぎました。
お土産としてはパスしました。



DSC09835_R













アクロポリス国際会議場前の
不思議な像でした。

DSC09855_R













最後にエズによりました。
ニース市内から路線バスで移動しました。
天空の城みたいですね。

DSC09981_R













エズ内です。
道は狭かったです。

DSC09907_R













で、今回の目的の1つ
1番上にある
植物園からの景色です。

DSC09913_R















現場は写真以上にもっとよかったです。
絶景でした。

DSC09929_R













こちらはエズ内の景色になります。


DSC09945_R














橋もなかなかです。
ここを登ってきました。

DSC09946_R














モナコと南フランスはここまです。
この後、再度パリの想ひ出になります。





 

aat64260 at 00:30|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2017年04月03日

海外旅行の想ひ出26(2012年再びパリへ)

 海外旅行の想ひ出26(2012年再びパリへ)


 再びパリへ特典旅行で行きました。
今回は1週間以上の長期間なのですが、
パリのホテルは値段高いので悩みましたが、
幸い、このとき円高でしたので、
オペラ座近くのこちらのホテルにしました。

IMG_4912












1人でしたので、十分でした。

IMG_4914











まずは、凱旋門です。
前回こちらの上に登ってませんでしたので、
ちょっと行ってみました。

IMG_5242












地下が券売所のなっています。、
登るところはこちらからです。

IMG_5258












階段を登っていきます。
このとき、リュックサックに一眼レフに
ミネラルウオーターでかいのを背負いながらなので
腰を痛めてしまいました。

なお、途中、お土産やさんもありました。
ここが1番上です。


IMG_5268











上からの景色です。



IMG_5274












こちらは新凱旋門です。
後で行きます。

IMG_5275












エッフェル塔です。

IMG_5280












この後、マカロンで有名な
ラデュレの本店ですが、建物が修理中でしたので、
仮店舗になってました。

IMG_5308












値段は高かったですが、日本よりは安くて
とてもおいしかったです。

IMG_5313












こちらは有名なムーランルージュです。


IMG_5334












こちらにプチトラムで移動しました。

IMG_5342












こちらは、モンマルトルの
サクレ・クール寺院です。

IMG_5378













ここからの景色もなかなかでした。

IMG_5382












こちらは絵描きのかた多かったです。

IMG_5388











こちらは3大美術館の1つ
オルセー美術館です。

IMG_6198












こちらも撮影禁止でしたので、
撮影できるところだけ、
もともとこちらはオルセー駅でしたので、
こんな感じで時計が残ってました。

IMG_6201












IMG_6202











中はこんな感じでした。


IMG_6205












こちらは、あのウルトラクイズでも
問題になった 自由の女神のパリ版です。

IMG_6210












こちらはモンパルナスタワーです。

IMG_6249












上からの景色です。こちらも
パリの街がよく見えました。

IMG_6267












で、いつもパリでは、ラーメン関係が多かったので、
JCBプラザでまともなレストランを予約して
もらいました。
それこそ、ルーブル美術館近くにある、
ルーブルというレストランです。
日本語メニューもありました。
こちらのお店は
フォーマルな服装でなく入れるのが利点です。


IMG_6293











まずは前菜です。メニューどおりに
マリネした生姜風味 サーモンのタルタル海苔包み
2種類に仕立てたルッコラです。
なかなかおいしかったです。
 


IMG_6296












こちらメインです。小鴨の胸肉、ローストトマト、
ペッパー風味のソース
思ったより少し甘かったですが、
なかなかおいしかったです。
 

IMG_6297












付け合せです。
野菜のソテーです。結構食べるのに時間かかるくらい
量多かったです。
 

IMG_6298












デザートのチョコパフェです。写真以上にでかくて
おいしかったです。結構お腹いっぱいになりました。
コースはで38ユーロでした。まあなかなかでしたが、
水が8ユーロがいただけないです。その分
量多かったですが。
 
 このままホテルへ帰りましたが、
ひどい腰痛と先のフランス料理は
非常におしかったのですが、
かなり量が多くて 後に来てしまいました。
正直 このまま やばいかなというくらい
しんどくなりました。腰痛も別途にプラスさて、
旅行で、ここまでひどいのは
はじめてでした。しばらくベットで横になって
いたのでしんどさはだいぶん引きましたが、
腰痛は悪化の一方でした。

IMG_6302












で、体調は最悪なままでしたが、
新凱旋門へなんとか地下鉄で行きました。

IMG_6804












残念ながら上へは登れませんでしたが、
まわりの建物は斬新でした。

IMG_6812













IMG_6814













こちらは、再度ルーブル美術館です。

IMG_6877












三角ピラミットは印象的ですね。




IMG_6875












先のとおり、中国観光客の
大量フラッシュ撮影のため、中は撮影禁止になりました。
こちらは外側から撮影したものです。


IMG_6886












パリもここまです。今度は再度 
夜のモンサンミシェルの紹介です。






 

aat64260 at 00:30|PermalinkComments(5)TrackBack(0)