パリ

2017年02月13日

海外旅行の想ひ出5(2008年パリ)

 海外旅行の想ひ出5(2008年パリ)


 今度はパリの紹介です。
パリは何回か来てますが、
このときが、最初です。
 まずは、凱旋門です。
このときは上に登らなかったのですが、
2回目のときに登りました。


DSCF1055_R














エッフェル塔です。
ちょうど記念イベントで
シャンパンフラッシュ時でした。
カメラの性能が悪く 撮影するのに
苦労しました。

DSCF1617_R













こんな感じで点滅しました。

DSCF1093_R













こちらは朝に行きました。
登るのには、かなり並ぶので早めに行きました。

DSCF1099_R














エッフェル塔からの景色です。
パリの街を一望できるので、
なかなかでした。

DSCF1111_R













こちらは逆光で映り悪いですが、
ノートルダム大聖堂です。
入場料無料です。

DSCF1156_R













こちらは そのノートルダム大聖堂上からの景色です。

パリの街を見るガルクイユが
印象に残ります。

DSCF1189_R














こちらはルーブル美術館です。

DSCF1251_R













内部です。
このときは、まだ写真撮影禁止でありませんでした。
今は、中国人の方々の観光が増えて
フラッシュをたいて、絵画とばしばし撮影
してしまったため。撮影禁止となってしまいました。

ですので、今は逆に貴重な写真かもしれません。


DSCF1255_R













まずは、ミロのヴィーナスです。

DSCF1271_R














こちらは、サモトラケのニケです。

DSCF1289_R













すごく人がいますが、なにかといいますと、

DSCF1319_R













あのモナリザの絵です。
当時のデジカメで性能が悪く、
近くは、人が、寄れない形で柵になってましたので、
かなり苦労して撮影しました。
それでも、今となっては、撮影すらできませんしね。


DSCF1321_R













こちらは、映り悪いですが、
フェルメールの レースを編む女ですね。



DSCF1393_R















で、こちらは、あのヴェルサイユ宮殿です。

DSCF1504_R













中の鏡の回廊です。
とにかく豪華です。

DSCF1467_R













こちらもすごいです。

DSCF1429_R













ただ、私的によかったのは、
マリーアントワネットの離宮です。
マリーアントワネット自体も
あの豪華な宮殿は飽きてきたのか、
こちらの庭園で実際はすごしていたようです。

DSCF1581_R













すごく素朴ですが、落ち着きますね。
その分手入れも大変かと思いますが。


DSCF1591_R














で、こちらは、枝魯枝魯パリ店の料理です。


もともと京都のお店で、
くずし割烹のお店です。

店主の枝國さんが、このときは、
自身で料理されてました。

メニューはなし、月替わりコースだけですが、
予約していきました。
ですので、なにが出るかわかりません。 

そのうちのいくつかをUPします。
 
 こちらは、あんきもと山下農園のトマト
こんにゃく・なすの田楽・とうがらし(中は肉)
と かいわれ大根(いくら入り)です。
味がおいしいのは当然ですが、素材のこだわり
がすごいです。
山下農園って日本から輸入と思ってしまいましたが
そうではなくパリでされている農園での調達です。


DSCF1402_R













こちらは、そのまままぐろ刺身とお茶漬けです。
店主枝國さんの話では、
まぐろの刺身はフランス人
生の魚を食べる習慣ないので
大丈夫かなと心配されてましたが。



DSCF1407_R














で、こちらは、ルー・ブーランジェ・
ド・モンジュです。東京 赤坂 サカスや
全国にある 
ルー・ブーランジェ ドミニク・サブロンの
本店です。


  このときは、ミニクロワッサンとエスカルゴという
パン頼みました。両方ともさすが名店ですので
おいしかったですね。

DSCF1612_R













こちらは、パリ北駅のホテルの
朝食のクロワッサンです。
こちらのクロワッサンがものすごくおいしかったです。
日本でいろんなクロワッサン食べましたが、
やっぱりパリのクロワッサンは1番おいしいです。


DSCF2203_R













 こちらは、何度かUPしました。
国虎屋での、あの宮崎駿監督と鈴木敏夫プロデューサーです。
 偶然、写真撮影することができました。

 ひげ面の方だけでは
似た人かなと一瞬思ってしまいますが、
隣がジブリの鈴木敏夫プロデューサー
がいなければ、本物と思えませんでしたが、
これは間違いないと思わず写真
とってしまいました。



結構な人でしたので特になにもなく
単に前通っただけですが。

ちょうどこの時、ヴァネチア国際映画祭が
あった時で、なぜかみなパリに寄ってから
ヴェネチアに行くのですね。
(北野武監督も同じコースのようでした。)

さすがに連日フランス料理で胃が疲れたのか
ここしかないうどん屋に目が行ったのかは
わかりませんが。
 残念ながら今はこの国虎屋さんは
店変わって ありません。


DSCF1249_R













次は、モンサンミシェルになります。





 

aat64260 at 00:30|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2015年12月02日

フランス旅行記30(CDG空港→北京空港)

 5月5日(火)・6日(水) CDG空港→北京空港

  CA便内です。

DSC00375_R













メニューです。
出発直後に
先にくれるので
かなり前から確認
できます。

DSC00376_R













DSC00377_R













英語があるのでなんとかわかりますね。


DSC00378_R














DSC00379_R














DSC00380_R













DSC00381_R













こちらはヘッドフォンです。

DSC00382_R














DSC00383_R














DSC00384_R














パリの景色です。

DSC00385_R













街もありますが、
ブドウ畑なども多いですね。


DSC00386_R













DSC00387_R













DSC00388_R













DSC00389_R













フライト情報です。

DSC00390_R














さて、2時間ほどたって出てきました。

DSC00392_R













DSC00393_R













前菜です。
あいも変わらず 味は薄いです。 
オイルや香辛料系あれば
それもかけたりしたのですが、
味はいまいちです。

DSC00394_R














DSC00395_R













メインの肉です。
いまいちですね。
CA便 いつもながら設備はいいのですが、
機内食はいまいちですし、
CAの人達も 悪くはないですが、
良くもないです。

DSC00396_R














ご飯はパサパサで堅いとこともありました。

DSC00397_R













唯一 ましだったのは
フルーツでした。味付けないからでしょうね(笑)。

DSC00398_R













こんな感じでアメニティは ロクシタンと
豪華です。

DSC00399_R













DSC00400_R













こちらは朝食になります。
オムレツ系もいまいちというか
味が薄いです。
ひょっとすると 機内食は気圧の関係で
地上より 味が変わるため
それ用に調理されているのですが、
CA便の場合は 地上のままで出せれているのかも
しれませんね。
ですので、地上で食べればおいしいかもしれません(笑)。

DSC00402_R













パンも普通ですね。

DSC00403_R














北京に近づいてきました。
5月ですので、
大気汚染で かなり曇っているということは
なかったですが、やはり
少しガスってますね。

DSC00404_R















DSC00405_R













とにかく急速に開発されてますね。

DSC00406_R













北京には翌日の12:25 に到着です。

DSC00408_R














DSC00409_R













何とか無事に到着です。

DSC00410_R














さて、ここでびっくりなことがありました。
搭乗口から出たときに 私の名前がありました。
何事かと思いきや
乗継の方は 係員が案内してくれるようです。

何回も北京でこのCA乗継パターンを
利用していますが、今回初めてです。
逆に何回も利用しているので
案内してくれたかもしれませんね。

こちらのお姉さんが案内してくれました。


DSC00411_R













この間 英語で話かけられてきました。

中国は何回目とか?
あまり いろいろ話かけられても
英語 堪能でないので
少しびくびくものでした(笑)。

なんとか 会話はできました。

DSC00412_R














案内はここまでです。

後は、パスポートを見せて審査をうけて、
下でセキュリティチェックを受ける形になります。
中国に入国するわけではないので
入国カードはいりません。

ただ、相変わらず、セキリュティチェックは
時間かかりました。

ここでなぜか ひかかってしまい
また、歯磨きが金属でひかかったようです。
適当にソーラーパワーとかいって
不思議そうな感じでしたが。

まあ、時間はかなり余裕がありましたので、
以前のように間1時間しかないときより
はちょうどよかったですが。

DSC00413_R













DSC00414_R













北京空港内です。
ここも変わっていませんね。

DSC00415_R













で、こちらのCAの Cクラスのラウンジです。

DSC00416_R













DSC00417_R













次はようやくこの旅行記も最終です。









aat64260 at 00:30|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2015年11月30日

フランス旅行記30(CDG空港)

 5月5日(火) CDG空港


 CDG空港です。

DSC00335_R




 








結局 渋滞で1時間半近くかかって
CDG空港に到着です。
今回は CA便ですので
TA1です。


DSC00336_R 














といっても20:20パリ発なので
かなり時間があります。

DSC00337_R













4時間近く前だとさすがにあいてなくて
17時からでした。


DSC00338_R













DSC00339_R













ようやくチェックインです。
Cクラスですので ここはスムーズです。

DSC00340_R













この独特の真ん中へあがるエスカレーターです。

DSC00341_R













ここで出国審査ですが、特に混んでも
おらず、すぐに通過です。

DSC00342_R














DSC00343_R













さらにエスカレーターで上に行きます。

DSC00344_R













セキリュティチェックも人が少ないので
すぐ終わりました。

ここまでは以前と同じで

この地下に ラウンジがあるので
さあ 行こうと探せと ないない?

どうやら以前と変わって この建物にはないようです。
その上 たまたま便が直前になく
係員以外 お客がまったくいません。


DSC00345_R













時間もかなりあるので
もったいないので、
セキリュティチェックの人に
チケット見せて ラウンジと行って
戻ることにしました。

海外でセキリュティチェック受けた後に
再度 戻るのは
はじめてです。

まあ、また受ければいいだけの話ですが、。

DSC00346_R













また、この長い エスカレーターを戻ります。

DSC00347_R













ラウンジはこちらのようです。

DSC00348_R














DSC00349_R













スターアライアンスのラウンジありました。


DSC00350_R













こちらです。

DSC00351_R













DSC00352_R













ラウンジの中です。
ゆったりできていいですね。

DSC00353_R













いろいろありますね。

DSC00354_R













DSC00355_R













DSC00356_R













DSC00357_R













無料WIFIも使えます。

DSC00358_R













飛行機乗るとすぐに
食事出てきますので
軽くパンだけにしました。
やはりパリではクロワッサンがおいしいですね。

DSC00359_R













DSC00360_R













人が少なくても暑くもなくちょうといいです。
以前 JALの時のパリのラウンジはTAどこか
忘れましたが、せまくて、人が多くて
暑かったので それと比べると全然違います。

とはいえ、 セキュリティチェック後なら
なおよかったのですが。

DSC00361_R













控えようと思ったのですが、
ついおいしかったので、また食べてしまいました(笑)

DSC00362_R













外はこんな感じで パリらしくおしゃれですね。

DSC00363_R













で、こちらでかなりゆっくりさせて
もらった後、1時間ちょっと前に
再度 搭乗口行きました。

DSC00364_R













それにしても長いです。
この直後のセキリュティチェックまた
受けましたが、思ったほど
多く人がいなかったので
割とすぐでした。


DSC00365_R














こちら搭乗口です。
Cクラスなので 
優先的に搭乗できます。
いつもながらこの時が
優越感にひたれます(笑)。

DSC00366_R













といってもCAですので
あまりよくはないですが。

DSC00367_R













DSC00368_R













中です。
それでもCA便は 最新ので設備なので
どれも新しいです。
中国の勢いを感じますね。

でもマイルで便が空いてないので
しようがなかったですが、
できればさけたいのが本音です。

DSC00369_R













DSC00370_R













明るいですが、
20:20 定刻どおり出発です。


DSC00371_R














DSC00372_R














DSC00373_R













Cクラスですが、まわりは席は少し空いてました。

DSC00374_R













もう少しだけ続きます。









aat64260 at 00:30|PermalinkComments(4)TrackBack(0)