山口

2018年01月10日

山口・博多旅行記8(秋芳洞1)

 10月7日(土)秋芳洞1


 バスで移動して、すぐに秋芳洞につきました。
私自身は、秋芳洞は、初めて来ました。
ここからエレベーターで降りる形になります。

DSC09510_R













実は、ツアーには入場料金はついていませんでした。
その代わり、団体料金で少し安くはなりました。

DSC09511_R













こちらはEV入口です。

DSC09512_R













秋吉台 と 秋芳洞 全体図の看板です。


DSC09513_R













EV内です。

DSC09514_R













降りた後、
ガイドさんの説明がありました。

DSC09515_R














DSC09516_R













先と同じ看板です。


DSC09517_R













秋芳洞全部ではなく、一部が公開されている
形になります。鍾乳洞としては日本最大規模です。

DSC09518_R













ひんやりしていました。
また結構暗いので、
電灯は結構ありました。

DSC09519_R













かなり長そうですね。

DSC09520_R














DSC09521_R













こちらは黄金柱です。

DSC09522_R













DSC09523_R













DSC09524_R













DSC09525_R













このボックスの緑のボタンを押すと
こちらの説明音声が流れます。
日本語以外の他の言語もありました。

DSC09527_R













こちらは説明看板です。

DSC09528_R














DSC09529_R













水も結構流れてました。

DSC09530_R













こんな感じで手すりはありました。

DSC09532_R












大黒柱とのこと。

DSC09533_R













DSC09534_R













写真ぼやけてしまいましたが、
傘づくしとのこと。

DSC09535_R














DSC09536_R














DSC09537_R













こちらは千町田とのこと。


DSC09538_R















DSC09539_R













DSC09540_R













名前のとおり、田んぼみたいにたくさんありました。

DSC09541_R













DSC09542_R













濡れていたので、結構すべりやすかったです。

DSC09543_R













水の流れも結構急でした。

DSC09544_R













笣柿とのこと。

DSC09545_R
















DSC09546_R













奥は赤いライトでした。

DSC09547_R













秋芳洞もう少し続きます。





aat64260 at 00:30|PermalinkComments(3)

2017年12月29日

山口・博多旅行記3(常栄寺2)

 10月7日(土)常栄寺2


 雪舟庭です。

DSC09371_R













季節が中途半端ですので、
桜や紅葉や雪のときはいいのでしょうが、
そこまではという感じですね。


DSC09372_R
















DSC09373_R















DSC09374_R














DSC09375_R













本来は3つの見る方向があり、
それぞれから見てみるのがいいのでしょうが、
今回ツアーでガイドさんに
連れられてですので、しようがないですね。

DSC09376_R













さて、この障子戸ですが、
一見普通に見えますが、特徴があります。
1枚のように見えます。

DSC09377_R













下を見るとわかるかな。

DSC09378_R













単にこちらを見ると微妙ですが。


DSC09379_R













こんな感じで隠し戸で2枚になります。
このような方式は北陸や東北の
一部だけで、珍しいそうです。
普段は1枚に見えるので、
説明受けなかったら
わからなかったです。
こういったのはツアーのいいところですね。

DSC09380_R













こちら、休憩処になっています。
抹茶やお菓子など別販売でありますが、
時間の関係で無理でした。


DSC09382_R













ここも雪舟庭を見ながら
休憩できます。

DSC09381_R














DSC09383_R














DSC09384_R













こちら天皇の間です。
説明看板のとおり
移築されたようですね。


DSC09385_R
















DSC09386_R













そのまま山門に戻りました。


DSC09387_R














DSC09388_R













地蔵堂です。

DSC09389_R














DSC09390_R














DSC09391_R













DSC09392_R













DSC09393_R
















常栄寺 雪舟庭はここまでです。
次のところへ向かいました。








aat64260 at 00:30|PermalinkComments(2)

2017年05月14日

国内旅行の想ひ出43(山口編)

 国内旅行の想ひ出43(山口編)


 今度は山口編です。

まずは広島県境にある
岩国です。




IMG_1360_R













岩国といえば、錦帯橋です。
すごい橋ですね。

IMG_1367_R













こちらから渡りました。

IMG_1368_R














こちら岩国城です。

IMG_1420_R













岩国城の展望台からみた
景色です。
右側に錦帯橋が見えます。

IMG_1446_R













こちらむさしというお店です。
看板のとおり
珍百景というTV番組で120種類のソフトクリームがあると
いうことでとりあげられたお店です。

IMG_1381_R













人気のソフトは北海道バニラや夕張メロンのようですが、
せっかく岩国に来たので、
岩国れんこんソフトにしてみました。
 結局、岩国れんこんが上にのっているソフトクリームなんですね。
ソフトクリーム自体は普通においしかったです。
それならもう少し変わったソフトクリームを
頼めばよかったです。

IMG_1467_R













今度は下関です。

DSC05889_R













まず、向かったのは、海峡ゆめタワーです。


DSC05899_R













海峡ゆめタワーからの下関の街の景色です。

DSC05919_R













有名な巌流島です。
私的には、
武蔵・小次郎の決闘より
アントニオ猪木とマサ斎藤が戦った方が
印象残ってます(笑)。


DSC05931_R













で、その巌流島へは
観光船で渡れますが、
残念ながら時間があいませんでした。

DSC05974_R













唐戸市場です。



DSC05988_R













市場だけに新鮮な魚介類が食べれます。


DSC05989_R













100円でいろんな寿しネタを売ってました。
ふぐや他のネタも買って
食べてしまいました。やはりおいしかったです

DSC06006_R













関門海峡です。

DSC06022_R













ちょうど橋の下です。

DSC06030_R













こちらはすぐ近くの壇ノ浦古戦場です。

DSC06034_R













この時 この 大砲の詳細を知らなかったのですが、
関西ローカルTV ごぶごぶのロケでわかったのですが、
お金をいれると
大砲から音と煙が出るようです。

DSC06049_R













タッキーの手形です。
割と小さかったです。

DSC06045_R













関門トンネルです。
人が渡れるようになってます。
エレベーターで地下に行きます。

DSC06056_R













こんな感じで 対岸の門司まで
歩いて渡れます。

DSC06068_R














ちょうど 福岡県と山口県の
県境になります。


DSC06080_R













ここにも出てました。

DSC06081_R













山口県はここまでです。
次も近隣県の紹介です。



 

aat64260 at 00:30|PermalinkComments(3)TrackBack(0)