徳島

2019年01月18日

東京・埼玉旅行記6(川越一番街商店街2)

 11月24日(土)川越一番街商店街2

 川越一番街商店街続きです。
こちらは山崎美術館です。


DSC04749_R














結局時間 なくて入りませんでした。


DSC04750_R















DSC04751_R













ここから大正浪漫通りになります。
午前中なので
比較的 観光客が少なかったです。

DSC04752_R













こちらもいろんなお店ありますね。


DSC04753_R













川越のうなぎも有名ですね。
結局、ランチはツアーで別で用意されていますので
寄りませんでしたが。

DSC04754_R














DSC04755_R














さすがにまだ観光客が少ないですね。

DSC04756_R













大正浪漫通りは店もあまり開いてなかったので
またメイン通りに戻りました。

こちらねこまんまで有名なお店ですが、
12時からでしたので、
開いてませんでした。


DSC04757_R
















DSC04758_R













別の店ですが、
亀どらもあるんですね。

DSC04759_R














川越シューもあるんですね。

DSC04760_R














ジブリ系のお店もありました。
トトロがいますね。

DSC04761_R













こちらは川越まつり会館です。


DSC04762_R














こちらに神輿があるようです。
有料でしたので、
入りませんでしたが。

DSC04763_R















DSC04764_R













本当、いろんなお店ありますね。

DSC04765_R














ここから菓子屋横丁に向かいました。



DSC04766_R















DSC04767_R














DSC04768_R














DSC04769_R














ここからのようです。

DSC04770_R















DSC04771_R













ここらあたりになると
さすがに観光客が増えてきました。

DSC04772_R















DSC04773_R













ふ菓子も多かったです。

DSC04774_R















DSC04775_R















DSC04776_R













こちらは堅めのせんべい系のようですね。

DSC04777_R














こちらは、菓匠右門 川越けんぴ工房直売店です。

DSC04778_R

















DSC04779_R














ちょうど揚げたてがあるということで、
少し高めでしたが、ちょっと買ってみました。




DSC04780_R














DSC04781_R















DSC04782_R













早速、まずはその場で食べてみました。


DSC04783_R













少し甘くてなかなかおいしかったです
 さすがにその場で全部は食べられないので、残りは、
後のはとバス中に少し小腹が空いたところでちょいちょい
食べることができて、ちょうどよかったです。


DSC04784_R














こちらも独特でしたので、
ちょっと撮影しました。

DSC04785_R














もう少しだけ川越一番街商店街続きます。







aat64260 at 00:30|PermalinkComments(2)

2019年01月17日

大塚国際美術館ツアー9(ムンク・クリムト・ゴッホの作品)

 大塚国際美術館ツアー9(ムンク・クリムト・ゴッホの作品)

 続きです。
先の2階のエリアからB1のエリアに
移動します。



DSC04058_R














DSC04059_R














B1階になります。


DSC04060_R













ゴッホのひまわりを意識しているのでしょうかね。



DSC04061_R













この美術館はどの絵を
触っても問題ありません。


DSC04062_R













作品が多すぎるので
パンフレットのおすすめを中心に
まわりました。



DSC04063_R














ムンクの痛める子です。


DSC04065_R















DSC04064_R














こちらは超有名な ムンクの叫びですね。



DSC04067_R














DSC04066_R














同じくのムンクの星月夜とのこと。


DSC04069_R













DSC04068_R













同じくムンクの生のダンスとのこと。


DSC04071_R














DSC04070_R














こちらも有名なクリムトの接吻です。
私自身
現地ウィーンで、現物を見ました。

DSC04073_R















DSC04072_R













こちらもクリムトの
アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像です。


DSC04075_R















DSC04074_R















DSC04076_R













こちらは、ミレイの
オフィーリアです。
オフィーリアはハムレットの登場人物です。


DSC04078_R














DSC04077_R













ここからはゴッホです。
ガシェ博士の肖像です。



DSC04080_R















DSC04079_R













こちらもゴッホの
種まく人です。


DSC04082_R















DSC04081_R













こちらもゴッホの自画像です。

DSC04084_R














DSC04083_R

















DSC04085_R














こちらはカバネルの
ヴィーナスの誕生です。
オルセー美術館にあります。


DSC04087_R





















DSC04086_R














別室に入ってみました。




DSC04088_R














DSC04089_R













ダヴィットの皇帝ナポレオンⅠ世と皇后
ジョセフィーヌの戴冠です。



DSC04091_R













DSC04090_R














ジェリコーの
メデューズ号の筏です。


DSC04093_R















DSC04092_R
















DSC04094_R














DSC04095_R













ビアッツェッタの
聖母被昇天です。

DSC04096_R
















DSC04097_R













ゴーギャンの自画像です。


DSC04098_R
















DSC04099_R















DSC04100_R













セザンヌの
カード遊びをする二人の男です。

DSC04101_R














同じくセザンヌの
リンゴとオレンジです。


DSC04102_R














ちょっと廊下に出ました。
いろんなガイドツアーがあるようですね。

DSC04103_R













こちらはモネの
ザ・ジャポネーズです。


DSC04105_R















DSC04104_R














まだまだ大塚国際美術館続きます。









aat64260 at 00:30|PermalinkComments(3)

2019年01月15日

大塚国際美術館ツアー8(エルグレコ・レンブラント・ピカソ・ダリの作品)

  大塚国際美術館ツアー8(エルグレコ・レンブラント・ピカソ・ダリの作品)

 続きです。
上はピエロ・デッラ・フランチェスカの作品で
下は理想都市とのことです。



DSC04008_R
















DSC04007_R













カヴェッリーニ・ピエトロの
キリストの神殿奉献とのことです。


DSC04010_R













DSC04009_R













こちらの階の主要な絵の案内図です。


DSC04011_R













こんな感じで並んでいます。

DSC04012_R














こちらも最後の晩餐です。
ファネス・ファン・デ作です。
最後の晩餐はいろんな画家が描いてますね。


DSC04014_R















DSC04013_R













ルノワール・オーギュストの
ボート遊びの人々の食事とのことです。



DSC04016_R













DSC04015_R














ヨルダンス・ヤーコブの
「王様が飲む」とのことです。


DSC04018_R


















DSC04017_R













エル・グレコの
聖家族と聖アンナとのことです。

DSC04020_R














DSC04019_R













リュベンス・ピーテル・パウルの
エレーヌ・フールマンの子供たちとのことです。



DSC04022_R














DSC04021_R













ハルス・フランスの
風景のなかの家族とのことです。


DSC04024_R














DSC04023_R














レンブラント・ファン・レインの
ダヴィデの手紙を持つバテシバとのことです。



DSC04026_R















DSC04025_R














コリンコ・ロヴィスの

サロメです。

強烈な印象の残る絵ですね。

DSC04028_R















DSC04027_R













リュベンス・ピーテル・パウルの
サムソンとデリラとのことです。


DSC04030_R















DSC04029_R













クリムト・グスタフの
ユーディットです。



DSC04032_R
















DSC04031_R













あとはいろんな肖像画でした。


DSC04033_R














DSC04034_R














DSC04035_R













こちらはレンブラントのファン・レインの肖像画です。


DSC04037_R














違うエリアに向かいました。

DSC04038_R














ここからピカソの作品です。


DSC04039_R













ピカソの
招魂です。


DSC04041_R















DSC04040_R













ピカソ本人の写真です。


DSC04042_R















DSC04043_R














ピカソの絵はすぐにわかりますね。


DSC04044_R















DSC04045_R













こちらは、
シャガール・マルクの
イカロスの墜落です。



DSC04047_R
















DSC04046_R
















DSC04048_R















DSC04049_R













ミロ・ジョアンの
躍動する人物です。


DSC04050_R















DSC04051_R













ここからは、ダリ・サルバドールの作品です。
ゆでたインゲン豆のある柔らかい構造とのこと。



DSC04053_R














DSC04052_R













同じくダリの
ナルキッソスの変貌とのこと。



DSC04055_R
















DSC04054_R













エルンスト・マックスの
沈黙の目です。


DSC04057_R















DSC04056_R














まだまだ続きます。










aat64260 at 00:30|PermalinkComments(2)