埼玉

2019年02月01日

東京・埼玉旅行記11(道の駅庄和&豊年萬福&ジョナサン)

11月24日(土)道の駅庄和&豊年萬福&ジョナサン

 
  最後の休憩でもないですが、
道の駅 庄和によりました。


DSC04962_R













DSC04963_R













こちらホワイト餃子の販売をしていました。
私自身は地元滋賀の長浜にあるお店や
大昔に金沢で食べたことがあるくらいです。
どうしても関西の人間は口慣れているためか
餃子の王将と比べてしまいますね。



DSC04964_R














アイスクリームも販売していましたが、
11月で もう寒いのでパスです。

DSC04965_R














道の駅ですので、
地元のものが多いですね。

DSC04966_R















DSC04967_R













DSC04968_R














DSC04969_R














DSC04970_R













ちょっと今回は私自身
買うものはなかったです。

DSC04971_R














DSC04972_R













隣に食彩館というのがありました。


DSC04973_R














飲食店のようです。
さすがに夕食までまだ早いのでパスです。

DSC04974_R















DSC04975_R














外も食材が販売されてました。

DSC04976_R













道の駅庄和もここまでです。
後は、高速道路移動で休憩なしで
東京駅まで戻りました。
3連休中日でしたので、渋滞心配でしたが、
幸い巻き込まれずに
1時間ほどでかえって来ることができました。
ここで解散です。


DSC04977_R













ちょうどこのあたりは
ライトアップされていました。


DSC04978_R
















DSC04979_R













で、夕食に向かったのは
日本橋にある
豊年萬福というお店です。


DSC04981_R

















DSC04982_R















DSC04985_R













Jグループの株主優待券が4000円あったのですが、
関西では利用できる店舗が少なく、ちょうど東京に来てましたので、
まだ利用したことのないこちらのお店に行ってみました。
 ちょうど日本橋にあるお店で雰囲気いい感じですね。
土曜の夜でしたが、特に予約をしてはいませんでしたが、
すぐに席につくことできました。
 今回は適当に、五穀蒸籠ハーフと玉子焼きのハーフと
虎河豚唐揚ともも肉鶏つくね焼と生ビールにしました。
 


DSC04984_R













先にお通しとビールが出てきました。
後でわかりましたが、お通し500円にモルツが600円と
優待なのでいいですが、さすが東京価格ですね。
 

DSC04987_R
















DSC04988_R













後は、次々に出てきました。どれもそこそこ美味しかったです。

DSC04989_R


















DSC04990_R















DSC04991_R













支払いは、うまく4000円
ちょっとごえでしたので、
先のとおり、
Jグループの株主優待券と端数のみ現金で支払いました。


DSC04986_R













この後、ホテル近くの
こちらジョナサン 日本橋浜町店 によりました。


DSC04992_R













すかいらーくの株主優待券があるのですが、
せっかく東京に来てましたので、
ガスト利用もなんなので、
関西にないジョナサンを利用しました。
 ちょうど宿泊していた東横インの前にお店がありました。
こちらは24時間営業しているのですね。
 



DSC05002_R















DSC04993_R














今回は誕生日クーポンがありましたので、
ほぼ100円のデニッシュソフトと
ドリンクバーとミニフルーツサンデーを注文しました。



DSC04994_R














DSC04995_R















DSC04997_R













待っている間はソフトドリンクを飲んですごしました。
 

DSC04998_R













しばらくすると品が出てきました。
早速食べてみましたが、両方と思ったよりあり
結構お腹いっぱいになりました。
気軽に利用できるのはいいですね。
 


DSC04999_R















DSC05001_R













支払いは、先のとおり、すかいらーくの株主優待500円分と
端数のみ電子マネーで行いました。


DSC04996_R













で、2日目も東横INN 日本橋浜町明治座前を
利用しました。

翌日の朝食です。
1日目はツアーで時間なく
クロワッサンとコーヒーだけでしたが、

2日目は7時から利用できましたので、
他店のように
並ぶと思って6時50分から待ちましたが、
全く並ばず、
楽々7時に利用できました。東京だからでしょうかね。
 


DSC05003_R













こちらは、定番のバイキング方式ですが、
特に目新しいものはなかったですが、
つい朝から食べ過ぎてしまうのが
難点です。




DSC05004_R














この後、東京最終日にまだ行ったことのない
ところを中心に観光へ向かいました。







aat64260 at 00:30|PermalinkComments(2)

2019年01月30日

東京・埼玉旅行記10(首都圏外郭放水路2)

  11月24日(土)首都圏外郭放水路2


 続きです。
外はだんだん暗くなってきました。



DSC04919_R













今度はこちらから立坑に入ります。


DSC04920_R














順番に並んで見学です。


DSC04921_R














先のところを上から見る形になります。


DSC04922_R














さすがに危ないので
あまり乗り出して撮影はできませんでした。

DSC04923_R














DSC04924_R













雰囲気伝わったでしょうか。


DSC04925_R














その後は最初の建物に戻りました。

DSC04926_R














ここから自由見学です。
結構 いろんな撮影も行われているので
有名人のサイン多いです。



DSC04927_R













竹中直人さんのサインや
仮面ライダーなどの
特撮ものの撮影も多いようです。



DSC04928_R













時任三郎さんや堂本光一さんや
MAXや紺野あさ美さんのサインもありました。


DSC04929_R













こちらはホラン千秋さんやロバートさんの

サインもありました。


DSC04930_R













こちらも仮面ライダー 鎧武の撮影も
あったようです。
本当 昭和の仮面ライダーはわかりますが、
平成のライダーはさっぱりわかりません。



DSC04931_R














こちら平成ノブシコブシさんや
綾野剛さんやホンジャマカの石塚さんや
インパルスさんのサインがありました。



DSC04932_R













こちらは早見優さんや
初代仮面ライダーの
藤岡弘。さんのサインもありました。


DSC04933_R














TMさんやくわばたおはらさんや
田中麗奈さんのサインもありました。


DSC04934_R













押井守さんや鈴木あきえさんや
川田裕美さんやバナナマンさんのサインや
磯山さやかさんの写真がありました。


DSC04935_R













北の国からの遺言や
ウルトラマンコスモスの撮影
もあったようですね。


DSC04936_R















DSC04937_R













こちらは操作室になります。

DSC04938_R














こちらは先のウルトラマンコスモスで
撮影で使われたそうです。



DSC04939_R
















DSC04940_R













こちらは江戸川と利根川の
分岐で制御しているので
このあたりの地図です。


DSC04941_R















DSC04943_R













DSC04944_R













このあたりの説明看板です。


DSC04945_R













こちらも有名人の撮影です。


DSC04946_R













森口博子さんや
中村獅童さんや高田純次さんや
福山雅治さんのサインもありました。


DSC04948_R













桐谷美玲さんや安田大サーカスさんの
サインもありました。


DSC04949_R













こちらは2階でしたが、
下に降りるには結構な階段でした。
もちろんエレベーターもあります。


DSC04950_R













一番最初の説明があったところです。


DSC04951_R













先の放水路の重機の写真です。


DSC04952_R













なんと貝の化石もあるんですね。

DSC04953_R















DSC04954_R













少し時間がありましたので、
外に出てみました。


DSC04955_R













こちらは移動のバスです。


DSC04956_R















DSC04957_R














DSC04958_R














こちらは看板のとおり
泥水式シールドマシンとのことです。


DSC04959_R













その上部になるのですね。


DSC04960_R














こちらは一応 バスでも来ることができるようです。


DSC04961_R














首都圏外郭放水路もここまでです。
この後、お土産やさんでもないですが、
道の駅庄和によりました。








aat64260 at 00:30|PermalinkComments(4)

2019年01月28日

東京・埼玉旅行記9(首都圏外郭放水路1)

11月24日(土)首都圏外郭放水路1


 ここから首都圏外郭放水路の見学になります。


DSC04872_R















DSC04873_R














DSC04874_R













まず、こちらの建物の1階で
ガイドさんの説明が10分ほどありました。

地底50mを流れる世界最大級の
地下放水路になります。
今回はその一部の見学となります。
なお、一般見学会の参加は
事前予約が必要です。
ですので、こういったツアーの方が
便利ですね。


DSC04875_R













こちらは全国どこから来たのかといく
申告シールですね。
関東圏は当然多いですが、
結構全国から来てますね。

DSC04876_R













で、こちらは世界です。
台湾とイギリスがなぜか多かったです。
なにかツアーが入ったのかな。

DSC04877_R













で、ガイドさんの説明が終わり
そのままガイドさんについて
見学に向かいます。

DSC04878_R













外はさすがに夕方近くになりました。

DSC04879_R















DSC04880_R













先の建物です。


DSC04881_R














DSC04882_R













実はここから地下へ階段で移動します。
階段時は危ないので
写真撮影禁止です。

DSC04883_R














ここから順番に降ります。

DSC04884_R














で、行きの階段は楽です。降りるだけなので、
ちょうど階段降りたところです。

DSC04885_R














こちらは見学用に開放された放水路の中です。



DSC04886_R














天井です。

DSC04887_R














DSC04888_R













こちらは、階段以外の唯一の
出入口です。
後で説明しますが、車両を降ろすときは
クレーンを使ってこちらから
出入りする形になります。


DSC04889_R













まるで、地下神殿みたいです。
ですので、SNSとかで人気の
観光スポットです。


DSC04890_R













この紐はこちらより先は
見学禁止という線です。
写真はOKです。


DSC04891_R
















DSC04892_R













本当圧巻でした。


DSC04893_R














人と比べるとこんな感じです。
こちらは高さ18mの柱が
59本もあるそうです。


DSC04894_R















DSC04895_R













地面というか放水路底面は
こんな感じでした。


DSC04896_R














DSC04897_R














こちら車のストッパーです。
実は、先のクレーン車で降ろすというのは
砂の掃除用のブルドーザーです。
放水すると その後は
どうしても砂がたまるそうです。
ですので、このような見学ができず、
その見学用に掃除を定期的にするそうです。
そのブルドーザーが万が一落ちないようの
ストッパーになります。


DSC04898_R














DSC04899_R













あらためて見ると
すごいですね。
現地はもっと圧巻でした。


DSC04900_R













DSC04901_R















DSC04902_R














DSC04903_R















DSC04904_R














先の降りてきた階段です。

DSC04905_R














同じような写真ばかりですが、
意外と見学の空間は狭いためです。


DSC04906_R














DSC04907_R













温度は15度でした。


DSC04908_R













こんな感じで見学の制限の看板多かったです。


DSC04909_R















DSC04910_R














上はこんな感じです。

DSC04911_R













DSC04912_R














DSC04913_R














DSC04914_R














こちらは先の砂掃除用の
ブルドーザーの車輪跡です。


DSC04915_R














DSC04916_R














DSC04917_R













見学はここまでで、
その後、ガイドさんに連れられて
地上に戻りました。
結構階段きつかったです。


DSC04918_R













この後、立坑と先の建物の見学になります。






aat64260 at 00:30|PermalinkComments(4)