イタリア

2017年02月20日

海外旅行の想ひ出8(2008年 ピサの斜塔)

 海外旅行の想ひ出8(2008年 ピサの斜塔)


  こちらは、ローマのあと、フィレンツェに
よったのですが、その日はホテルにとまり、
翌朝 すぐに 電車で ピサまで行きました。
 チケットは事前にネットで予約してました。
OPツアーでも可能でしたが、その当時は
斜塔の登らないツアーでしたので、自力で行った次第です。
駅から徒歩20分くらいのところにありました。
 いきなり傾いてますね。


DSCF4026_R














実はここは、ピサの斜塔だけでなく
いろんな建物があります。
ドゥオーモです。

DSCF4012_R













本当 どれも立派なんですね。
こちらは洗礼堂です。

DSCF4013_R













カンポサント(納骨堂)です。
DSCF4019_R













先のドゥオーモのファザードです。


DSCF4022_R














斜塔裏の黄色の建物がチケット売り場です。
特に混雑もなくすぐに交換できました。
これならネットで予約しなくて
もよかったですのですが、まあ安心料ですね。

ここも無料ですが、やはり斜塔登る人は
荷物を預けないといけないので隣の
クローゼットに預けました。

DSCF4017_R













斜塔再度撮影です。
方向によっては、まっすぐになってしまいます。

DSCF4014_R














さて、係員につれられて約30名ほどでした
が、約5分くらいかけてこの螺旋階段
を登ります。こちらは30分ごとに入れ替え
してますので前の人達が残っている場合
もあり結構狭いです。

DSCF4031_R














なんだかんだいいながら頂上に到着。
天気よかったので景色映えますね。


DSCF4034_R













こちらは先のドゥオーモですね。


DSCF4033_R













景色よかったです。

DSCF4039_R















DSCF4035_R













中です。この時に斜塔の中が
こんなので、鐘があるのも
初めて知りました。


DSCF4046_R















DSCF4036_R













見学は30分ですので、
そのまま下に降りたところです。
洗礼堂ですが、ここは有料でしたので、
パスしました。


DSCF4063_R














で、こちらは、無料で、先のドゥオーモの中です。


DSCF4051_R













なかなか厳かで、縞模様がいいですね。


DSCF4057_R














クリスマスシーズンでしたので
中もこんな感じでした。

DSCF4061_R













ピサはここまでです。
そのままフィレンツェに戻りましたので、
次は、そこの紹介です。










 

aat64260 at 00:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年02月17日

海外旅行の想ひ出7(2008年ローマ)

 海外旅行の想ひ出7(2008年ローマ)


 次は12月のクリスマス前後にに行ったローマです。

こちらはローマ時の私の宿の定番で、

モシモシさんのB&Bの玄関です。

今は、こちらは日本人以外の海外の人宿泊専用に
して、日本人は、テルミニ駅近くの
B&Bに変わっています。

モシモシさん自体は日本人の奥さんですが、
夫のイタリア人の ジャンカさんが
奥さんが日本に電話するときに
モシモシというところから不思議がって
つけた名前です。

名前も モシモシB&Bです。
 

DSCF2034_R













中はこんな感じで十分な広さで、
値段もB&Bで安いです。

現地携帯も貸してくれますし、
もし困ったときはモシモシさんに
TELすれば助けてくれますし、
非常に安心でした。



DSCF2031_R













このときは、夕食1回だけ
別料金でしたが、
モシモシさん夫妻と一緒にB&B
夕食をすごしました。

モシモシさん通訳の夫婦漫談がなかなか面白かったです。
今は、日本人は別B&Bになりましたし、
スタッフも別で雇われたので、多分ないと思います。

それこそ、こちらに泊まったことがある
和歌山のイタリア料理の名店のヴィラ・アイーダに
行ったとき、そちらの
マダムと話をしたときにも
その夫婦漫談の話があって、とても面白かったのにと
残念がってましたが。


DSCF2394_R













こちらは、バチカン美術館です。
並ぶので事前にネットで予約していきました。


DSCF2058_R













中はこんな感じです。


DSCF2084_R













やはりここが1番ですかね。
地図のギャラリーです。
とにかく金ぴかでした。

ここは違う年にも行きました。


DSCF2101_R














こちらは間違ってバチカン美術館の
外に出てしまいました。

ちょうどイタリアでなくバチカンになるのでしょうね。
なんとかこのあと、預けたリュックサックを
入口まで、まわってGETできたので、
一安心でした。

DSCF2143_R













こちらは、サンピエトロ広場です。

DSCF2187_R














サンピエトロ 大聖堂になります。

DSCF2193_R













大聖堂内です。

DSCF2152_R













大聖堂のクーポラです。

DSCF2196_R













こちら登ってみました。

DSCF2211_R













先の広場です。
景色よかったです。

DSCF2212_R














近くのサンタンジェロ城です。

DSCF2270_R













こちらは城上になります。
この大天使像も有名ですね。

DSCF2260_R













ここからの景色です。
サンピエトロ大聖堂がよく見えました。

DSCF2262_R













ナヴォーナ広場です。
日本人はローマの休日でのスペイン広場を
思い浮かべますが、
欧米人はこちらの方が有名だそうです。


DSCF2288_R













ジェラードで有名な超有名店
ジョリッティのジェラードです。
ローマに来ると何回も食べてます。
ピスタチオがとてもおいしいです。 

DSCF2297_R













トレビの泉です。何回も来てますが、
実は1度もコイン入れてません。


DSCF2304_R













コロッセオです。
ここで、一瞬スリらしき人に
盗まれそうになりましたが
事なきを得ました。

DSCF2313_R













中はこんな感じになってます。

DSCF2325_R













フォロロマーノの遺跡です。
こんなのがローマの街中にあるのが
すごいですね。

DSCF2343_R














DSCF2339_R













サンタ・マリア・イン・コスメディン教会です。


DSCF2353_R














こちらも映画 ローマの休日で有名になって
真実の口です。

久々というかブログで唯一の私自身の写真です。

私自身の写真とるのは嫌いなんですが、
ここに並んだときに後ろの人が
撮影しないのかと親切心で撮影してくれました。

このときは、かなり太ってますね(笑)。
今はこのときより10kg以上やせてます。


DSCF2356_R













こちらは先のナヴォーナ広場の夜です。

実は、先のモシモシさん案内で
クリスマスの夜に来たのですが、
日本と違い、あまりお店等はありませんでした。

DSCF2384_R













こちらは スペイン広場です。

御存じのとおり、
映画ローマの休日で アン王女が
ジェラードを食べてましたが、
何度かご紹介したとおり
この階段で飲食するのは禁止になりました。

DSCF2492_R















で、こちらは、ピンチョの丘です。

DSCF2514_R













そのピンチョの丘から見た、
ポポロ広場です。ここからの景色が
最高でした。写真ではわかりにくいですが、
先のサンピエトロ大聖堂が見えました。


DSCF2520_R














近くの双子教会です。

DSCF2509_R













パンテオンです。
ここは入場無料ですが、
開放時間が決まっており、
このとき、その時間とあわず
3回目でようやく入場できました。

DSCF2605_R













中です。さすがにすごい人でした。

DSCF2607_R













次は、イタリア各地にまわっていきましたので、
その紹介です。






 

aat64260 at 00:30|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

2014年09月10日

また行っちゃいましたイタリア旅行記65(FCO空港→北京空港→関西空港)

 1月4日(土) FCO空港→北京空港→関西空港


 出発後 2時間くらいで機内食が出てきます。
IMG_3582_R














IMG_3583_R













IMG_3584_R













 普通、西洋食に飽きて
中華にするのですが、
CAの場合肝心の中華系の味がなぜか
いまいちなのでみんなよく知っているのか
西洋系の方がもう残っていませんでした。
仕方ないので中華系になってしまいました。

こちらはおつまみです。

IMG_3585_R












チキンです。普通でした。

IMG_3586_R












サラダ系です。
IMG_3587_R













パンです。
IMG_3588_R












メインです。FISHにしたのですが、
いまいちでした。
IMG_3589_R













ご飯も普通でした。
IMG_3590_R












デザートとフルーツが唯一ましでしたでしょうか(笑)。

IMG_3591_R













しばらくは疲れていたのでそのまま寝てました。
北京つく2時間くらい前です。
ちょっと映りが悪いですが、
時間的にはランチになるのでしょうか。
まあこちらも可もなく不可もなくです。
IMG_3592_R












中国 上空です。

IMG_3593_R














IMG_3594_R













こちらはほぼ時間どおり13:20くらい着です。
IMG_3595_R












バスで移動です。
IMG_3596_R












IMG_3597_R













で、今回もイミグレ通るとき念のため
出入国カード用意しましたが、
やはり、入国するわけではないので
カードは入りませんでした。
当然そのはずでよね。行きがよくわかりませんでした。
後は、セキュリティチェックだけ
受けてそのまま行けました。
行きと違いこんでなくて幸いでした。

IMG_3598_R












時間的には2時間半以上あります。

IMG_3599_R













IMG_3600_R














こちら毎回おなじみのCAのラウンジです。
IMG_3601_R












写真ないですが、
飲み物とアイスクリームのみにしました。
IMG_3602_R














IMG_3603_R













後は食べるとまた機内食出るので
ここで休んでいるだけでした。
IMG_3604_R













IMG_3605_R














IMG_3606_R













IMG_3607_R















IMG_3608_R












時間になりましたので
搭載口に向かうも結構な距離です。
IMG_3609_R













IMG_3611_R













ここからバスで移動のようです。
IMG_3612_R














ここから乗ります。Cクラスでもあまり
特典的にはないですね。

IMG_3613_R














16:05 北京発です。


IMG_3614_R
















IMG_3615_R













Cクラスですので
同じくそこそこの食事があります。

IMG_3616_R















IMG_3617_R












今回はウェスタンが残っていたのでそちらにしました。
コーヒーとおつまみです。

IMG_3618_R













パンとサーモンとフルーツ系です。
IMG_3620_R












メインのビーフです。こちらも可もなく不可もなくですが、
先の中華よりましかな。
IMG_3621_R













こちらもぼちぼちでした。

IMG_3622_R













デザートのケーキも大味でした。
IMG_3623_R












無事、
20:20 関空着です。

IMG_3624_R













いつものとおり
20:40関空→22:08京都駅まで高速バスです。

そのまま無事帰宅できました。

IMG_3625_R













お土産は先のとおりポケットコーヒー を配りました。
チョコ中にエスプレッソが入っていますので
安いながらも好評でした。
IMG_2725_R













後、翌日から仕事でしたので少しきつかったですが、
まあ、Cクラスで移動してますのでそれほど時差に
よる眠たさは感じませんでした。

長かったイタリア旅行記はここまでです。
次は、2月にピーチで行った 香港・マカオ旅行記に移ります。




aat64260 at 00:30|PermalinkComments(5)TrackBack(0)