イタリア

2020年04月02日

イタリア旅行記20(ミケランジェロ広場1)

 12月30日(月) ミケランジェロ広場1


 ここから山手に徒歩10分ほど歩くことになります。


DSC02066_R














DSC02067_R














ここから歩くようです。

DSC02068_R













石道が整備されていました。

DSC02069_R















DSC02070_R













ようやく上の道路が見えてきました。
少しきつかったです。
多分こんなコースは私だけです(笑)。

DSC02071_R













そのまま道沿いに行きます。



DSC02072_R














DSC02073_R














DSC02074_R















DSC02075_R













ようやく見えてきました。

DSC02076_R














来たかったのは、ミケランジェロ広場です。


DSC02077_R













ここから見る 旧市街がフォトスポットになっていますが、
結構距離があるので、前回はいけなかった次第です。

DSC02078_R













さすがに旧市街ほどは混んでいませんでした。

DSC02079_R















DSC02080_R













だいたい車かバスかタクシーで来る方が
多いと思います。



DSC02081_R














DSC02082_R















DSC02083_R














本当は夕方が一番きれいだそうです。

DSC02084_R













川沿いの景色です。


DSC02085_R













少し望遠するとこんな感じでした。


DSC02086_R













さすがにきれいですね。

DSC02087_R













さらに望遠すると
先のジョットの鐘楼と
クーポラが見えます。



DSC02088_R














DSC02089_R














サンタクローチェ聖堂です。

DSC02090_R














さすが有名フォトスポット場所ですね。

DSC02091_R















DSC02092_R














DSC02093_R















DSC02094_R













何回見てもいいですね。

DSC02095_R














DSC02096_R














DSC02097_R















DSC02098_R













さすがフィレンツェですね。

DSC02099_R















DSC02100_R













下の広場はこんな感じでした。

DSC02101_R















DSC02102_R















DSC02103_R













ちょっと下に降りてみました。

DSC02104_R















DSC02105_R













もう少しだけミケランジェロ広場続きます。





aat64260 at 00:30|PermalinkComments(0)

2020年03月31日

イタリア旅行記19(POLLINIのランプレドット)

 12月30日(月)POLLINIのランプレドット


 大聖堂です。
何回見てもすごいですね。


DSC02030_R













しばらく通りを抜けます。

DSC02031_R














カルフールがありました。

DSC02032_R















DSC02033_R













とにかく狭い通路を抜けます。


DSC02034_R














DSC02035_R













以前利用した
CONADのスーパーです。


DSC02036_R















DSC02037_R













どこもすごいですね。

DSC02038_R














DSC02039_R















DSC02040_R













で、今回の目的は、
POLLINIのランプレドットです。



DSC02041_R














フィレンツェ名物の一皿に
「ランプレドット(Lampredotto)」という「もつ煮込み料理」があります。
イタリアのB級グルメで
牛の第4胃(ギアラ)」を野菜で煮込んだものです。

店主は、日本びいきで
こんな湯飲みがありました(笑)。


DSC02042_R















DSC02043_R













で、今回は、パニーノ・ランプレドットを注文しました。
本当は、バスケッタのプラ容器にランプレドットを注文した
つもりでしたが、伝わらなかったようです。

それでも早速、食べてみました。

見た目よりもずっとあっさりしていて、
いわゆるB級グルメで数ユーロでしたが
なかなか美味しかったです。
他にランプレドットを売っているお店ありましたが、
ここのが1番安かったです。


DSC02044_R













日本人の女性の方も何人か来ていて
食べておられました。
有名店のようですね。
私はアーモイタリアを見てきましたが。

DSC02045_R













で、少しだけ腹ごしらをして
そのままあるところを目指しました。


DSC02046_R














DSC02047_R














DSC02048_R














DSC02049_R















DSC02050_R













狭い道をようやく抜けました。

DSC02051_R













こちらの遺跡?はよくわかりませんでした。

DSC02052_R













まあ、今はスマホで
Google mapがありますので、どこ歩いているか
わかり安心ですね。

DSC02053_R













こちらアルノ川になります。

DSC02054_R














DSC02055_R
















DSC02056_R















DSC02057_R














ちょっとフィレンツェでははずれになります。


DSC02058_R














DSC02059_R















DSC02060_R













それでも景色きれいでした。

DSC02061_R













橋を渡ります。


DSC02062_R















DSC02063_R















DSC02064_R













本当 天気よかったのは幸いでした。

DSC02065_R














この後、ある広場を目指しました。







aat64260 at 00:30|PermalinkComments(2)

2020年03月29日

イタリア旅行記18(大聖堂付属博物館2)

 12月30日(月)大聖堂付属博物館2


 博物館続きです。


DSC02000_R














DSC02001_R














DSC02002_R













いろいろありました。

DSC02003_R














DSC02004_R















DSC02005_R















DSC02006_R















DSC02007_R















DSC02008_R













ただ、どれがどうなのかが
よくわかりませんでした。

DSC02009_R














DSC02010_R















DSC02011_R















DSC02012_R















DSC02013_R















DSC02014_R














DSC02015_R














ただ、見ているだけでした。

DSC02016_R














DSC02017_R














DSC02018_R















DSC02019_R













下の階です。


DSC02020_R














DSC02021_R













階段を降りました。


DSC02023_R















DSC02024_R













下の階で見れていなかったところです。
楽譜のようです。

DSC02025_R















DSC02026_R














DSC02027_R













ミュージアムショップです。

DSC02028_R
















DSC02029_R













前回行かなかったのは
特に有名作品もないだろうと思っていたからで、
案の定そうでした(笑)。
この後、フィレンツェでまだ行ったことのない
ところを中心にまわりました。





aat64260 at 00:30|PermalinkComments(0)