イタリア

2017年03月06日

海外旅行の想ひ出14(2009年イタリア) 

 海外旅行の想ひ出14(2009年イタリア) 


 バルセロナのあとによったのは、
またイタリアです。私のローマの定番のB&B
モシモシさんのところで宿泊後、
電車で約1時間 オルビエートに到着です。
ちょうど駅前です。


IMG_3928











本当は、アーモイタリア の堂さんという
現地日本人の方に案内してもらうはずでしたが、
あいにく都合が合いませんでした。

このときは現地のチンツイアさんという方が
案内することになってました。

ただ、駅で待ってもこないので、
事前に教えていただいた
携帯にTELし、無事にチンツイアさんが
出ましたが、さあここから問題です。

事前に聞いていたとはいえ、チンツイアは
イタリア語と英語しか話せません。
私は当然、英語も単語程度 話わかるのかなと
思いながら、なんとか繋がりました。
どうやら駅の裏側の駐車場にいるとのこと。
なんとか通じました。

 右がチンツイアさんです。
スモールカーなんではずかしいみたいな
こと言われてしまいましたが。

 さて、ここからも問題です。堂さんには
私の方はほとんど英語話せないので
チンツイアさんお気を悪くしないですかと
聞いていたのですが、全然問題ないという
ことでしたが。
今回の目的のチヴィタまでの30分の車の中ですが、
ほとんどチンツイアさんの方から
簡単な英語でいろいろ話かけてきます。

彼女は今や20名しか住んでいないチヴィタの出身で、
実家もチヴィタで冬になると人がほとんど
いなくなるとか。

何日間の旅行とか。出身は日本のどことか。
(滋賀と答えましたが、わからなさそうでしたので
京都の近くといっときました)

他の話の内容かなり忘れましたが、
後、特に覚えているのは2つ。

1つは職業は何されているというところでして、
はじめすぐにわかりませんでした。

というのはWORKER という部分が
カタカナで表記するならワロカーと聞こえたので
でした。

その為チンツイアさんの方が例として
私は学校の教師(たしか英語の教師)をしている
と言ってくれのでわかりました。

こちらはOFFICE WORKERと答えましたが、
やっぱりワロカーと発音しないと通じませんでした。 

後は、堂さんとはお友達で日本語を教えてもらって
いるけれども very difficult
と何度も言っていたのが印象的でした。

IMG_3932












で、こちらが
どうしても行きたかった
チヴィタ・ディ・ヴァニョレージョです。

ここはなぜか世界遺産ではありませんが、
本当陸上のモンサンミシェルみたいなところでした。

IMG_3950












ここから自由時間は40分ほで
自分で散策です。

IMG_3960












中の教会です。


IMG_3971












本当、中は小さかったです。
B&B もありましたので、
このチヴィタ・ディ・ヴァニョレージョで
宿泊も可能のようです。

IMG_3970












そのままオリビエートに戻りました。
チンツイアさんとはお別れです。
こちらドゥオーモです。
ファザードも立派です。

IMG_4024











こちらは中です。
立派で、この縞模様が
なんともいえません。

IMG_4029











で、昼食でよったのは、
トラットリア ラ・パロンバというお店です。
アーモイタリア の堂さんおすすめのお店です。

店に入ってすぐにメニューみましたが、
イタリア語オンリーでさっぱりわかりませんでしたが、
事前にアーモイタリア の堂さんのHPのおすすめを
印刷してましたので、そのメニューを頼みました
このお店一番の人気料理のトリュフのウンブリケッリです。
ここの奥さんかな、下記写真は黒トリュフを
なんとも贅沢にすりつぶしている所です。
 

IMG_4016












さて、お味ですが、トリュフは普通でしたが、
ウンブリケッリの方ですが、なんじゃこりゃと
いう食感です。なお、 アーモイタリア の堂さんのHPより
ウンブリケッリとはこの地方の伝統田舎料理で、
卵を入れない、小麦粉と塩とオリーブオイルだけ
でうった手打ちパスタなんですが、
正直こんなもの今まで食べたことないです。
パスタとは別物な感じです。
むちゃくちゃおいしいです。


IMG_4017












次に出てきたのは、牛フィレ肉の赤ワインソース
とゆで野菜です。
ゆで野菜は普通でしたが、
こちらのフィレ肉がすごくやわらかく赤ワイン
とマッチして絶品です。
こんなのを日本やローマで食べようとしたら
すごい値段になりますが、このとき
ウンブリケッリは9ユーロ
で、牛フィレ肉は10ユーロで食べれます。
すご~くお得でおいしいです。

イタリアでたいしたもの食べてませんが、
みんなに聞くとだいたい都市部では、
値段も高くて思ったほどおいしくないんですが、
田舎町の料理の方が安くておいしい方が
多いそうです。
まさしくそう思いました。
私が食べたイタリア料理では
1,2位をあらそうくらいのおいしさでした。 


IMG_4018












で、そのままローマに戻りました。
前回にいろいろ主要なところは
まわったので、行ったことないところで、

サンタ・マリア・デッラ・
ヴィクトリア教会です。




IMG_4243












どうしても見たかったのは、
ベルニーニ作の聖テレーザの法悦です。
ちょっとうまいこと撮影ができませんでした。
この表情は彫刻とは思えないすごさです。

IMG_4249












で、こちらは マルタ騎士団広場です。
何を並んでいるかといいますと・



IMG_4085












こちらの鍵穴からあるものを
見るためです。
それは何かといいますと、


IMG_4089












こちらです。
うまいこと撮影できなかったのですが、
こちらの穴から サンピエトロ大聖堂が
このように見えます。
実際はもっとはっきり見えたのですが、
AFがなかなかあわずに何枚か撮影したうちの
1枚ましなものをUPしました。
 



IMG_4092




 








次の日に カプリ島にOPツアーで
行ってみました。


IMG_4144












アナカプリからの景色です。
さすがの青い海です。


IMG_4185












で、向かったのは、青の洞窟です。
年々入れる確率が悪くなっているようです。

IMG_4216












順番待ちで ここから入りますが、
入るときボートでうつむせになるくらい
狭いところを抜けます。

IMG_4217












無事に中に入れました。
お~ この青さすごいですね。

このとき、CANON KISS X2で
撮影するも明るいレンズに換えたのが災いして
ぶれまくりです。(このレンズ手ぶれ補正がないんです)


それでも通常レンズでもこのカメラ高感度は少し
弱いので撮影は同じだったかもしれません。

 


IMG_4218












こんな感じです。
青さは伝わるでしょうか。


IMG_4219











で、ここはサブの富士フィルムのFINE PIX
F100fd で撮影しようとするもポケットから
出てしまいどこかわからずじまい。ようやく
見つけるも水没してしまい、ご臨終です。

(帰国後 修理すると新しいのを買うくらい
同じ値段するそうですので、しようがないので
新しいデジカメを買いました)

しようがないので SANYOのXactyで
動画撮影しました。

こちらはまだ比較的ましに撮影できました。
船の先頭が結構どの人もうるさいですが。








お土産です。
定番のHAPPY HIPPOです。
イタリアのお菓子でなく
たぶんドイツのお菓子かと思います。





IMG_4619
















このカバの形と 中のチョコがなかなか
おいしいので、職場とかに配ると
なかなか好評でした。




IMG_4620
















次もまた違う国の紹介です。





 


aat64260 at 00:30|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2017年02月27日

海外旅行の想ひ出11(2008年 ミラノ)

 海外旅行の想ひ出11(2008年 ミラノ)


  この時のイタリア旅行で
最後に寄ったのは、ミラノです。
 ちょうど夜のミラノ中央駅前です。

DSCF4596_R














ミラノといえば、
ドゥオーモです。


DSCF4606_R













さすがに立派ですね。

DSCF4610_R













広場前のツリーです。

DSCF4608_R













せっかくですのでヴィットリオ・エマヌエーレ
Ⅱ世のガッレリアの方へ向かいました。


DSCF4609_R













後でも出てきますが、
ここの夜はさすがにきれいでした。

DSCF4614_R














泊まったホテルは別ですが、
駅前のホテルのライトアップです。
ちょうど日本でいえば、大晦日近かったので。

DSCF4627_R














で、ミラノによったもう1つの目的です。
ダビンチの最後の晩餐を見にきました。
ここが、最後の晩餐があるサンタ・マリア・デッレ・
グラツィエ教会です。

DSCF4634_R













DSCF4636_R













最後の晩餐を見るのはこの入り口側です。
安くするために 
イタリア語まじりのネットでかなり苦労して予約しました。
直接ならその当時1000円
OPツアー等なら3~4000円と
かなりちがいましたので。


また、閲覧時間も15分と短かったです。
先に有料日本語オーデイオで何度も
予習しました。

残念ながら撮影禁止でした。
はずかしながらここに来るまで
最後の晩餐が壁画とは知りませんでした。
実際壁画の下一部分が入り口として
かけてました。その時にこの絵の価値が
わからなかったのでしょうね。


DSCF4638_R














壁画を堪能していた途中、かなり若い西洋人の
男性がフラッシュつきで壁画を撮影しました。
それはないだろうと思ったところさすがに
係員が飛んできて激怒し、メモリカードの
消去と後で事務室につれられていきました。
まあ、これだけ苦労して見るのだから
撮影したい気持ちはわからなくもないですが
そりゃまずいでしょう。それもフラッシュ
たいてではねえ。

DSCF4641_R













再度、ドゥオーモに戻りました。

DSCF4644_R













本当すごいですね。

DSCF4645_R













実は、上にも登れます。


DSCF4652_R














この彫刻はすごいの一言でした。

DSCF4666_R














ドゥオーモの中です。

DSCF4673_R













中は厳かですね。

DSCF4677_R













再度、ヴィットリオ・エマヌエーレ
Ⅱ世のガッレリアに来ました。 


DSCF4717_R













こちらは何かといいますと。
クルリとまわると幸運を呼ぶという
牛のモザイク上です。結構いつも人が
います。
人が去ったときに私もまわってみましたが、
そのあと、幸運は訪れたのでしょうか。
よくわかりませんが。


DSCF4720_R













ここからはすぐ近くのスカラ広場です。



DSCF4724_R













ミラノらしい芸術作品が並んでます。
なんなのかはよくわかってませんが。

DSCF4726_R














DSCF4730_R













ミラノらしくマクドナルドも
なんだかおしゃれですね。


DSCF4734_R













周辺歩いたのですが、
ここはなんだかよくわかりませんでした。

DSCF4753_R













ちょうど1月1日に帰国でしたので、
機長さんのアナウンスで
初日の出の瞬間を機上で見ることが
できました。

DSCF4844_R













いったんイタリア編はここまでです。
また次の海外国へ移ります。




 

aat64260 at 00:30|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2017年02月24日

海外旅行の想ひ出10(2008年 ヴェネツィア)

 海外旅行の想ひ出10(2008年 ヴェネツィア)


 電車でフィレンツェから水の都ヴェネツィアに
移動しまいた。こちらは駅前です。


DSCF4276_R













で、本当すぐに運河で
このヴァボレットで移動です。
48時間チケットを買いました。

DSCF4538_R













景色はこんな感じです。

DSCF4277_R













ほんとう 水の都ですね。

DSCF4281_R















DSCF4298_R















DSCF4305_R














DSCF4466_R














DSCF4477_R













サン・マルコ広場の鐘楼です。

DSCF4308_R












ドゥカーレ宮殿です。

DSCF4433_R













本当立派ですね。

DSCF4311_R














鐘楼上からの景色です。

DSCF4319_R













フィレンツェのクーポラからの
景色ほどではなかったですが、
赤レンガ屋根一色ですね。

DSCF4323_R














再び、ヴァボレットです。
やはり橋は多かったです。



DSCF4352_R













ここは陸上を歩いてみました。
今ならスマホで位置等わかりますが、
このときは、ガラケーですので、
位置がわかりません。
地球の歩き方の地図見てあるきましたが、
本当迷路でした。
こんなところは、まさにヴェネツィアって
感じですね。


DSCF4375_R














DSCF4389_R













仮面も有名ですね。

DSCF4399_R














で、こちらはせっかくヴェネツィアに来たので
ゴンドラに乗りましたが、ぼったくりも
多いと聞いたので、食事つきのOPツアーに
しました。その景色です。

DSCF4515_R













コンデジが10年近く前で夜で
写真ぶれぶれです。
また12月でしたので、寒かったです。
一応、アコーディオンとカンツォーネ付き
でしたので雰囲気は味わえましたが。

DSCF4519_R













で、店名はわかりませんが、
そのツアーの食事です。
海沿いなので、
海鮮類は多かったです。

DSCF4526_R














見た目はおいしそうでしたが、
他のイタリア地方の料理と違って
普通でした。
私的には、都市部の料理より、
田舎の方の料理の方がおいしかったです。

DSCF4529_R













この後、ミラノに移動しました。





 

aat64260 at 00:30|PermalinkComments(3)TrackBack(0)